弊社のDataLabsに所属している橋本泰一の書籍が出版されますのでお知らせいたします。

タイトル:データ分析のための機械学習入門 Pythonで動かし、理解できる、人工知能技術
出版社:SBクリエイティブ
発売日:2017/1/21




<著者より>

機械学習や人工知能に関連した技術は、最先端研究をはじめ、多くのIT企業で注目の的です。もちろん、LINEでもそれらの技術を活用したサービス開発に取り組んでいます。

機械学習は、非常に応用領域の広い技術です。そのため、いまからエンジニアを目指す人には、ぜひとも理解してほしい技術だと思っています。しかし、機械学習はまだまだ未成熟な技術領域で、実際にサービス開発する上では一から実装することもよくあります。しっかりと機械学習の理論を理解し、ライブラリに頼ることなく適材適所に機械学習の技術を実装できるエンジニアが今の重要な人材です。

この本では、エンジニアを目指す初心者向けに、機械学習の理論と実例を学べるブートキャンプ仕様になっています。内容は、Hadoop関連、リアルタイム集計(Fluentd、Norikra)、機械学習(NaiveBayes、Perceptron、オンライン学習、SVM、回帰、クラスタリング、ロジスティック回帰、ニューラルネットワーク、CNN)とデータ分析から機械学習までの基礎になります。面接などのホワイトボードプログラミングで簡単な機械学習がすらすらと書けるような、たくましいエンジニアがたくさん育ってほしいと思います。できれば、LINEで活躍してくれることを祈りつつ...

2017年を迎えるにあたり、LINEで働くスタッフへカレンダーセットと手帳を配布いたしました。こちらのセットです。
IMG_5639


カレンダーはこういったセットになっておりまして、ポーチ・メモ帳・カレンダー・ポストカードが入っています。
IMG_5646


使い勝手がよさそうなLINEキャラクターのシール付きです
IMG_5651


使いやすい大型のカレンダーと
IMG_5648


カラフルなポストカードです。
IMG_5647


手帳は表紙にブラウンが書いてありまして
IMG_5641


昨年デビューしたブラウンの妹「チョコ」とのコラボになっています。スタッフからは使いやすいと好評なようです。
IMG_5642
IMG_5643



当ブログでは、2017年もLINE社内外の情報をお届けしていきます!

LINE株式会社では、様々なポジションで正社員・契約社員を募集しております。今回は、その中でも2017年に向けて注力している6事業と、それに関連する募集ポジションをご紹介いたします。

当社は「CLOSING THE DISTANCE」をミッションに、毎日の生活がLINEで始まり、LINEで終わる。そんな家族や友人のような存在を目指しています。日々変わる環境やユーザーのニーズを掴み、進化し続けるためにも新しい方の力が必要だと考え、採用に重きをおいています。中途採用で入社した社員は全体の90%を超え、様々なバックグラウンドを持った社員が活躍しています。面白そう、一緒にやってみたいという方のご応募をお待ちしております。

1.広告事業

ad_tominaga

広告事業はLINEの売上の約4割を占めている(※1)、今後の注力事業の1つです。これまで提供してきました公式アカウント、スポンサードスタンプ、WEB広告に加え、2016年6月に運用型広告「LINE Ads Platform」を本格開始しました。スタートは好調ですが、まだ始まったばかりです。更なる拡大に向けて、営業や開発など様々なポジションで事業をドライブできるような方を探しております。

※1:2016年12月期第3四半期時点

参考記事

募集ポジション
インタビュー記事続きを読む

2016年12月6日に、LINEでは、「LINE」およびその関連サービスの企画ディレクションの体制や環境、その知見などをお話しし、情報交換を行う懇親会付きイベントLINE Directors' Talkを開催いたしました。

当日は、様々な業界から企画者やディレクターの方にお越しいただき、皆さんと交流させていただきました。この記事では、イベントの模様を簡単にご報告させていただきます。

6


まずは、執行役員としてLINEの企画を担当する稲垣から、ご挨拶も兼ねて、サービス開始から5年でのLINEの成長過程とそこに求められている企画・ディレクターの役割について、簡単にお話ししました。

2


続いて、LINEメッセンジャーを担当する鈴木から、「企画したUXをプロダクトに反映するディレクション」というテーマで、実際のLINEのプロジェクト体制の実例を踏まえ、企画者としてどのようにプロジェクトを進行するかというお話をしました。
講演資料はこちら:http://www.slideshare.net/linecorp/ux-70081118

3


公演セッションの最後として、LINEバイトを担当する小川から「LINEファミリーサービスの育て方」というテーマで、LINEバイトのユーザー属性や行動履歴を元にした企画・ユーザーコミュニケーション設計の考え方についてプレゼンしました。
講演資料はこちら:http://www.slideshare.net/linecorp/line-line-70082559

4


イベントの内容については、@TYPEにも掲載されています。是非ご覧になってください。

 @TYPE
 UXは「独りで考え、みんなで磨く」。億単位のユーザーと向き合うLINEディレクターの仕事術


その後、登壇者以外のLINE企画チームのメンバーもご来場の皆さんに混じり、色々と情報交換の時間を設けました。

5


6


LINEでは、今後もこのような皆様との交流機会を設けるなど、ともに成長・刺激がもてるような取り組みを行っていきます。

ご興味ある機会ありましたら、是非ご参加ください。

この度、学生の方を対象としたLINEのchatbotの開発チュートリアルイベント「LINE BOT CARAVAN」(hushtag:#botcaravan)を全国四都市(名古屋・京都・福岡・東京)にて開催しました。
各地で多くの学生の方に参加頂き、大変盛り上がりました。本記事では、イベントの模様を簡単にお届けします。

前半は、参加者がチームに分かれて、アイデアソンを行いました。複数のキーワードが描かれているカードを用意し、各チームごとにひとつだけ選んで頂きました。そのキーワードに関して「どんな課題があるか」「BOTでどうやって解決できるか」というブレストを行い、最後に各チームより順番に発表を行いました。どの会場も、学生ならではの目線で新鮮なアイデアが飛び出しました。

後半は、LINEのchartbot開発の基本的な流れを、LINEのエンジニアがチュートリアル形式で解説しました。Webプログラミングの経験が浅い参加者も、ステップを踏みながら進めることで、簡単なBOTの動作を実現することが出来ました。また、普段からBOT開発している方に対しては、チューターから個別にフィードバックを行いました。

12/3 名古屋会場


DSC02093
DSC02131

12/4 京都会場


DSC02215
写真 2016-12-04 16 35 46

12/10 福岡会場


IMG_0577
IMG_0665

12/11 東京会場


ファイル 2016-12-12 19 23 55
ファイル 2016-12-12 19 20 09


各会場に参加いただいた学生の皆さま、お疲れ様でした&有難うございました。
また、今回の「LINE BOT CARAVAN」は、名古屋での運営をOthloTech、京都での運営をCamphor-に協力頂き開催することが出来ました。有難うございました。

LINE株式会社では、LINE chatbot開発促進およびユーザーへの普及を目的にした「LINE BOT AWARDS」を開催しており、現在エントリー受付中です。 個人・法人問わず誰でも参加可能です。また部門賞として学生賞(賞金:100万円)もご用意しています。
多くの方のご参加をお待ちしています!

▼LINE BOT AWARDS
https://botawards.line.me/ja/

弊社の田端(上級執行役員 コーポレートビジネス担当)がLINEの広告事業が目指す未来、求めている人材に関してインタビューを受けましたので、ご紹介します。

AdverTimes 2016.12.05 掲載
LINE田端信太郎氏が語る、LINE広告事業の「現在」と「求めている人材」とは?

ad_tabata
Copyright © SENDENKAIGI Co., Ltd.

AdverTimesに連載いただいている過去の記事はこちらからご覧いただけます。

また、今回の記事のなかで田端が触れております広告事業に関連する人材募集ポジションもあわせて紹介いたします。各リンクから業務内容の詳細などをご覧いただけます。

● 営業/ビジネスディベロップメント
  • セールスコンサルタント【LINE Ads Platform】

  • 事業開発・ビジネスディベロップメント【LINE Ads Platform】

  • アカウントエグゼクティブ【LINE広告事業全体】

  • 営業サポート【LINE広告事業全体】


  • ● エンジニア
  • サーバサイドエンジニア

  • 広告SDKフロントエンドエンジニア

  • プロダクトマネージャー


  • ● 企画・クリエイティブ
  • クリエイティブディレクター

  • プランナー

  • アナリスト
  • LINE株式会社は、Boston Career Forum 2016に参加いたしました。弊社ブースへ多数のご来場、誠にありがとうございました。今回はボストンキャリアフォーラムの様子を一部ご紹介します。

    0007bcf


     参考記事:[新卒採用]Boston Career Forum 2016に参加いたします

     ※当日、直接お話できなかった学生のみなさまは、以下の国内採用サイトからもご応募いただけます。
      再度チャレンジしたい方は、以下の一般エントリーからご応募ください。
      
      LINE株式会社 2018新卒採用サイト

    Boston Career Forum 2016当日の様子


    ボストンキャリアフォーラムは今年で30周年を迎える世界最大級の日英バイリンガル学生向けの就職イベント。LINE株式会社では、今年で3回目の出展となります。

    今年はブースを大幅に広げ、より多くの学生のみなさまに話を聞いてもらいやすいブースを準備しました。
    0009bcf


    おかげさまで多くの学生に説明会を聞いていただき、昨年を大幅に上回る方にご応募いただきました。本当にありがとうございます。
    0007bcf


    1000部近く準備したパンフレットもすべて配布することができました。
    0004bcf


    パンフレットにはLINE新卒採用アカウントのQRコード付のカードを付属していました。今後の新卒採用情報をうけとることができるので、学生のみなさまは是非友達登録してください。
    0005bcf


    ボストンキャリアフォーラムは終了しましたが、LINEの新卒採用選考はこれからが本番です。

    新卒採用情報はこのHR Blogや新卒採用LINEアカウントで発信していきます。学生の皆さん、是非友だち登録してください!

    ▼LINE 2018年新卒採用サイト
    新卒採用


    LINE ID:@linenewgrads
    LINE_recruit_2016_1
    友だち追加数

    LINE株式会社では、12月の前半にかけてLINE BOTをテーマにしたワークショップ形式のハッカソン「LINE BOT CARAVAN」を全国4都市にて開催いたします(3日/名古屋、4日/京都、10日/福岡、11日/東京)。学生の方であれば、どなたでも参加頂くことができます。

    900x600 2


    「LINE BOT CARAVAN」とは


    LINE株式会社(以下、LINE)が全国4都市(東京・名古屋・京都・福岡)で主催する、カジュアルなワークショップ形式のハッカソンです。

    LINEは、ユーザーと企業・サービス間におけるリアルタイムで親密なコミュニケーションを生む多様なchatbotの開発・普及に取り組んでいます。
    また、chatbotの開発促進およびユーザーへの普及を目的に開催する「LINE BOT AWARDS」では、グランプリ(賞金1000万円)の他、部門賞として学生賞(賞金100万円)の提供が決まりました。

    「LINE BOT CARAVAN」は、chatbotの開発経験がない学生の方でも、気軽にLINE BOTの開発を始めることができる内容になっています。また開発経験がある方も、LINEのエンジニアがチューターとして全日参加しますので、質問にお答えしたり開発中のものに対してフィードバックさせて頂くことが可能です。

    • 当日は「LINE BOTスターターキット」を参加者全員にお配りします(内容物:チュートリアルテキスト、LINE Beacon、その他ご案内資料)。またLINEのエンジニアによるチュートリアルの時間も設けています。
    • 「LINE BOT AWARDS」への応募を目指している方は、アイデアや機能についてチューターからフィードバックを得ることが可能です。
    • 本イベントでは一緒に開発する仲間を見つけることができます(もちろん個人で開発での参加でもOKです)。「アイデアはあるが技術力に自信がない」または「開発は得意だが良い企画がほしい」という方は是非ご参加ください!イベント後は懇親会も予定しています。
    • LINEという会社について興味のある方は、LINEの中の人に話を聞くことができます。何でも気軽に質問してください!

    皆さまの「LINE BOT CARAVAN」への参加を、心よりお待ちしています!

    イベント詳細


    【開催都市・日時・会場】
    名古屋:2016年12月03日(土) 13:00-21:30
        @名城大学 ナゴヤドーム前キャンパス レセプションホール
        名古屋市東区矢田南4-102-9 ナゴヤドーム前キャンパス西館2Fレセプションホール 地図
    京 都:2016年12月04日(日) 13:00-21:30 @CAMPHOR-HOUSE
        京都市左京区吉田牛ノ宮町16番地 地図
    福 岡:2016年12月10日(土) 13:00-21:30 @LINE Fukuoka株式会社
        福岡市博多区博多駅中央街8番1号 JRJP博多ビル12F 地図
    東 京:2016年12月11日(日) 13:00-21:30 @LINE 渋谷オフォス
        渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ 27階 地図

    【タイムスケジュール】
    12:30 開場
    13:00 Introduction
     ・本日のイベント概要の説明
     ・「LINE BOTスターターキット」の配布
     ・チュートリアル
     ・質疑応答
    13:30 開発スタート
     ・チーム分け(任意)
     ・アイデアソン(任意)
     ・個人・チーム別に開発(チューターが随時質問を受付けます)
    18:30 開発終了〜発表
    19:00 懇親会
    21:30 終了

    【参加要件】
    現在、大学院/大学/高等専門学校に在籍している方。学年は問いません。

    【定員】
    各回20名(予定) ※応募者多数の場合は抽選となりますのでご了承ください。

    【参加費】
    無料(懇親会も含む)

    【持ち物】
    PC・充電器 ※Wifiは会場にございます。

    【参加方法】
    エントリーフォームよりご登録ください。運営事務局より折り返しご連絡させて頂きます。

    【ハッシュタグ】
    #botcaravan

    2018年度新卒採用エントリーを開始しました。LINEでは大きく技術職、総合職の2つの職種に分けて募集をしています。今回は技術職の選考、テストの概要についてご紹介します。

    本年は2016年10月から2017年6月頃まで複数回にわたり技術テストを実施します。LINEの技術職新卒採用では、技術テストを何回も受験することができる"Re-Challenge制"を導入しています。1度技術テストで不合格になった方でも、勉強をして再チャレンジできるのが特徴です。

    1200x628

    技術テストについて


    <技術テストの目的>
    コンピューターサイエンスに関する一般的な知識や理解度を確認するために、技術テストを実施しています。実際にプログラミングを書いていただく問題もあり、コードの可読性や処理内容の合理性、汎用化が可能か、などの観点から技術力、センスを確認しています。

    <オンライン受験>
    なるべく普段どおりの力を発揮していただきたいため、ご自宅など好きな場所で受験いただけるWebでの受験を可能にしています。国内、首都圏問わずに受験しやすい環境を整えています。

    <Re-Challenge制について>
    1度テストで力を発揮できなかったとしても、苦手な分野を克服したり、得意な分野をのばしていただく成長の機会を設けたいため、再チャレンジの機会を設けています。"まずやってみる"というマインドをお持ちの方を歓迎していますので、是非Re-Challenge制をご活用ください。

    ※総合職では本制度は適用外です。

    テスト問題について


    <テスト問題>
    • 問題A1:情報処理技術に関する基礎問題
    • 問題A2:インフラ・セキュリティに関する基礎問題
    • 問題B:数学的な問題をプログラミングを使って解いていただきます。
    • 問題C:学生生活の取り組みや開発、研究実績についてアピールをしていただきます。GitHubのURL等、実績がわかるものをフォームに貼り付けていただいてもかまいません。
    試験の問題は毎回変わりますが、A~Cの出題範囲は同じです。

    <テスト所要時間>
    - 約2時間
    ※各タームごとに1週間の受験期間を設けています。受験期間中のご都合のよい時間でご受験ください

    スケジュール・締切り


    直近のスケジュールは以下となっています。
    • 第1ターム締切り 2016年10月28日 AM10:00
    • 第2ターム締切り 2016年11月25日 AM10:00
    • 第3ターム締切り 2016年12月14日 AM10:00
    ※合計9ターム予定しています。

    より詳しいスケジュールはLINE株式会社新卒採用サイトをご覧ください。

    ▼新卒採用サイト:技術職テストスケジュール
    https://linecorp.com/ja/career/newgrads/job

    募集人数


    2018年度は技術職トータルで15名の採用を予定しています。2017年卒の方も対象となりますので、是非ご応募ください。

    ▼LINE 2018年新卒採用サイト
    新卒採用


    新卒採用情報はこのHR Blogや新卒採用LINEアカウントで発信していきます。学生の皆さん、是非友だち登録してください!

    LINE ID:@linenewgrads
    LINE_recruit_2016_1
    友だち追加数

    毎年恒例となったLINE Summer Internship。本年は3つのコースを実施し、総勢84名の学生のみなさんに参加していただきました。今日はその中の1つのコース、【ハッカソン型】の内容について紹介させていただきます。

    ・ハッカソン型インターンの概要
    学生向けLINE BOT APIハッカソンを開催!

    DSC01439


    LINE株式会社初の取り組みとなるハッカソンインターンシップはエンジニア×プランナーで3~4名のチームを組み,企画~開発までを5日間で行うもの。LINE BOT APIを使って学生の皆さんが“身近に感じる不便”を解決するサービスを開発します。

    今回は、学生が合計5日間をどのようにすごしていたのかをご紹介します。

    1日目


    初日はオリエンテーションやアイディアソンなど、実際にチームを組み開発をはじめるまでの準備運動です。

    まずは、学生メンバー全体にオリエンテーションを行いました。オリエンテーションでは、全体の流れや企画開発費用についての説明をおこないました。今回、企画開発費用として、学生1人につき3万円をお支払いさせていただきました。グループ内での送金機能や割り勘機能を活用していただけるように、LINE Payでお支払いしています。

    午後からはアイディアソンです。アイディアソンは多くの参加学生とアイディアをシェアし、思考の幅を広げ、より良いアイディアを創出することを目的に実施しました。

    DSC01552

    DSC01537
    キーワードカードを使ったアイディアソン
    アイディアソンのあとにグループを分け、明日以降のハッカソンに臨むチームを決定しました。今回のアイディアソンの中から企画を重ねていくチームもあれば、新たに考えていくチームもありました。

    2日目~4日目


    2日目からいよいよ企画開発がスタートです。本格的にグループワークが始まり、各チーム企画コンセプトをつめていきます。
    DSC01588

    途中、エンジニア向けの技術サポートとして、LINE BOT APIの開発にもかかわったエンジニアへの相談会を実施しました。相談会だけでなく、インターンシップ中に発生した技術に関する疑問は、チャット上で社内のエンジニアにいつでも質問できる環境も整えました。
    DSC01601


    3日目には中間発表を実施し、デモやモックなどを用いて現在の開発状況を報告。審査委員含むチューター社員からフィードバックやアドバイスをもらい、最終日までにサービスの質をさらに上げていきます。最終日はプレゼンテーションを控え、企画・開発ともに大詰め。どのチームも遅くまで残り最後の仕上げに取り組んでいました。
    DSC01648
    審査員からの中間フィードバック

    5日目


    最終プレゼンテーションでは審査委員やチューターだけではなくLINE社員も多数観覧に来ていました。
    DSC01665

    事前に各チームが企画開発したサービスのQRコードをLINE社員に配布し、実際にBOTを触りながらプレゼンテーションを聞いていました。

    各チーム、趣向を凝らしプレゼンテーションを行っていました。
    DSC01656

    DSC01664


    最終審査委員は、Bot APIに関わる各部門の責任者であるLINE企画室室長 稲垣あゆみ、ビジネスプラットフォーム事業室室長 杉本謙一、サービス開発1室長 垣内秀之 の3名が担当させていただきました。
    DSC01672
    最終プレゼンテーションを真剣に聞く審査委員の様子

    プレゼンテーション終了後、観覧者やチューターのコメントを参考にしながら審査員で議論をし、優秀チームを決定いたしました。優勝チーム以外にも良い作品を出したチームには特別賞を渡しました。どのbotも学生の皆さんのアイディアや想いがこもったサービスでした。当社基準を満たしたサービスをLINE認定サービスとして紹介する予定でしたが、今回は残念ながらLINE認定サービスの該当サービス無しという結果となってりました。次年度では、良い作品が生まれることを期待しています。

    結果発表の後には、各チューターより参加者全員に修了証を手渡し、最後に参加者全員とチューターで記念撮影をしました。

    DSC01713


    最後に


    ハッカソンインターンシップはLINE株式会社として初の取り組みでした。終了後に学生のみなさんに書いていただいたアンケートから、感想をいくつか紹介したいと思います。

    • 自分の考えたものが動く形になって、みんなが使ってくれたことが嬉しかった(K大学Tさん)
    • チューターからのアドバイスがとても参考になった(W大学Oさん)
    • サービス作りの難しさ・面白さを知った(K大学Kさん)


    インターンシップを通じて得られたものが、たくさんあったようです!

    来年もサマーインターンシップを実施です。また、冬のインターンシップも募集中なので興味のある方は是非詳細をご覧ください。

     "LINE 冬季インターンシップ 2017" Engineerコース(就業型)募集開始!

    来年以降のインターンの情報や新卒採用情報はこのHR Blogや新卒採用LINEアカウントで発信していきます。学生の皆さん、是非友だち登録してください!

    LINE ID:@linenewgrads
    LINE_recruit_2016_1
    友だち追加数