今週も、はたらく机でスタッフを紹介していきたいと思います。
今日は メディア事業部編集2チームで働くBLOGOS編集部の方です。
DSC_0176


――入社日を教えてください
2012年の2月に大学生の頃にアルバイトとして入社し、現在は契約社員として働いています。


――学生時代はどんな学生でしたか?また、LINEに入社したきっかけを教えていただけますか?
当時はTwitterがブームになり、ネット論壇が盛り上がってきていた頃でした。個人的にジャーナリズムや社会学などにも興味が出てきていた時期だと思います。メディア関係に就職したいと思っていたので、たまたま見かけたBLOGOS編集部のアルバイトに応募したんです。ネットで活躍していたジャーナリストや学者の方と会えるかもしれないという下心もありました(笑)


――現在はどのような仕事内容ですか?
BLOGOSはブログ記事の転載で成り立っているサイトなので、ブロガーの方の記事を転載するのがメインの業務になっています。転載した記事に見出しをつけてSNSでシェアするのですが、どういった引用をするか・見出しをつけるかなど、いかに素材を活かすかというのを工夫しながらやっています。他にも、寄稿記事の企画や編集も担当しています。最近は取材にも行くようになりました。

続きを読む

この度、LINE新卒採用2018 「エンジニア採用 直前対策講座 」を3/25に開催いたします(限定50名)。LINEの技術職採用について興味がある・検討中の方に、より理解を深めて頂ける機会です。ぜひご応募ください!

▼当日のコンテンツ
1) 「LINEのWEB技術テスト - 傾向と対策」
実際に問題作成を担当したエンジニアが、試験問題の構成や傾向を、具体的な問題を紐解きながら直接解説!受講することで、試験のポイントを事前に把握することができます。

2) 「ラウンドテーブル with 新卒エンジニア」
LINEで活躍する新卒1-2年目の若手エンジニアとテーブルを囲んでフリートーク。開発環境・キャリアプラン・先輩/同期との交流など、気になる事には惜しみなくお答えします!

LINE新卒採用2018 「エンジニア採用 直前対策講座 」


■日時   2017年3月25日(土)
      ①14:00~15:30(受付開始13:30)、②16:30~18:00(受付開始16:00)
      ※①と②の内容は同じです。ご都合の良い方にご参加ください。
■場所   LINE株式会社 新宿オフィス
      (東京都新宿区新宿四丁目1番6号JR新宿ミライナタワー23階  ※地図) 
■参加要件 2017年10月〜2018年10月までに入社可能な方(学歴・学部・学科不問)
■定員   各回25名(合計50名)
■持ち物  筆記用具
■服装   私服でお越しください(当社のスタッフも全員ラフな格好で参加します)
■予約方法
1) 「LINE新卒採用2018 技術職エントリーページ」から、まずはプレエントリーをお願いします
 ※エントリーシートの提出は必須ではありません。
 ※すでにマイページをお持ちの方は不要です。

2) プレエントリー後、マイページにログインし、【先輩社員座談会 ボタン】から、希望の時間を予約してください。
 ※席数が限られておりますのでお早めの登録をお願いします。

応募する



「LINEのWEB技術テスト - 傾向と対策」解説担当ご紹介


▼橋本 泰一 Taiichi HashimotoData Labs マネージャー
L1125 _415(橋本泰一さん) (13)

Q.「今後のLINEで活きる人とは?」
現在、そしてこれからのLINEにおいては、自らの専門分野のうちにのみ留まっているわけにはいきません。私自身、データ分析システムの開発・運用といった業務を行いながら、財務や法務、セキュリティなど多様な分野にも関わることが求められています。エンジニアであっても広範な分野に好奇心を持っている人なら、LINEほど面白いステージはないでしょうね。また、どんどん技術が進歩するなか、変化し続けるユーザーの要求に応えたものづくりを行うためにも、新しいものを吸収し続けていく意欲と、それを自身のうちに取り込んでいく柔軟さは必要です。今現在、自分が手にしている技術やスタイルに固執せず、変化を楽しんでいける人であればきっと活躍できるでしょう。

「ラウンドテーブル with 新卒エンジニア」参加者紹介


当日参加する新卒エンジニア3名を紹介します(写真がさわやかなのは、過剰プロデュースのせいではありません)。

▼Akira(開発エンジニア / 開発3センター所属 / 2016年度入社)
L1125 _151(岩谷明さん)

Q1「LINEへの入社を決めた理由は?」
アプリが大好きで、趣味やアルバイトでスマートフォンアプリを多く作っていたので、就職先もそういった会社にしようと決めていました。また、自分が毎日使っているサービスに携わり、より良いサービスにしていくことで、自分の周囲も含めた、たくさんのユーザーの生活を豊かにしたいと考えていたため、日本国内ではLINEが一番の候補でした。

Q2「入社後、一番はじめの仕事は?」
入社後はLINE LIVE バージョン2.0のAndroidアプリ開発に参加し、配属されて3ヶ月で実装、リリースしました。全ユーザーが見るホーム画面やLIVEを探す画面を主に担当し、合計14画面を開発しました。

▼Ryo(開発エンジニア / 開発1センター所属 / 2016年度入社
L1125 _411(ふくむろりょうさん)

Q1「LINEへの入社を決めた理由は?」
まず第一にエンジニアとしてコードを書くことのできる環境であることが条件でした。また、大規模かつC向けサービスのコアに携われること、さらに、欲を言えば、そのサービスが自分が普段利用している or これから利用したいと思えることが理想的でした。これらの条件を満たす企業はあまり多くはありませんでしたが、その中でもLINEは、その認知度/利用率の高さとそれに伴なうサービスとしての規模の大きさは特に魅力的に感じました。

Q2「入社後、一番はじめの仕事は?」
最初何ヶ月かは自チームで開発しているシステム(主に公式アカウントやBotのバックエンド)に慣れるため小さめのタスクを消化しながら勉強をしていました。勉強やその他のタスクと平行しつつ、7月から11月くらいまでは公式アカウント関連で影響の大きい変更を入れるプロジェクトに開発サイドの代表として携わるようになり、ビジネスチームと協力しつつ進行しました。システムを十分に理解していない中、ビジネスチームの質問や要望に応えなければならないため苦労しましたが、自チームの担当領域や他チームとの連携を学ぶ良い機会となりました。

▼Hokuto(開発エンジニア / 開発2センター所属 / 2016年度入社)
L1125 _241(加賀谷北斗さん)

Q1「LINEへの入社を決めた理由は?」
少年時代インターネットと共に育ってきたので、今度はそういったサービスを作る側に回りたいと思っていました。その中でも、できるだけ多くのユーザに使われていて、サービスがユーザファーストで作られていると自分にとって感じられる会社に入りたいと考え、LINEに入社しました。学生時代はインターンや研究を含め個人開発が多かったので、最先端のチーム開発に携われるだろうというのも魅力の一つでした。

Q2「入社後、一番はじめの仕事は?」
LINEゲームのプラットフォーム開発者として、配属後1ヶ月も経たないうちに既存コンポーネントの修正に関連したプルリクエストを出しました。コード量こそ数十行程度でしたが、実際のビジネスロジックに影響のある修正だったので緊張感がありました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さまのご応募、お待ちしています!

応募する

先行してスタートしていた職種に加え、本日よりデザイン職とLINE Business Partners株式会社の募集受付を開始いたしました。

新卒採用

現在公開しているのは以下4職種となります。
職種により選考フロー及び応募締め切り日が異なりますので、ご注意ください。

<LINE株式会社>
  • 技術職(開発エンジニア、インフラエンジニア、セキュリティエンジニア)
  • サービス企画職
  • デザイン職(BXデザイナー)

応募する
LINE株式会社への応募はこちらから


<LINE Business Partners株式会社>
  • 営業職
応募する
LINE Business Partnersへの応募はマイナビから


各職種の選考の特徴を簡単にご紹介させていただきたいと思います。
選考フローと応募締切については、ページ最下部をご覧ください。

技術職(開発エンジニア、インフラエンジニア、セキュリティエンジニア)


16 LINE7961

技術職では、メッセンジャーアプリだけでなく、様々なファミリーアプリやゲーム、プラットフォームを開発しています。LINEサービスの信頼性、最高のユーザ体験、機能を提供・改善するためにたゆまず努力しています。開発、セキュリティ、インフラなど、様々な技術領域でエンジニアを募集しています。

【技術職選考の特徴】
何度でも技術テストが受けられる"Re-Challenge制"

LINEの技術職新卒採用では、技術テストを何回も受験することができる"Re-Challenge制"を導入しています。1度テストで力を発揮できなかったとしても、苦手な分野を克服したり、得意な分野をのばしていただく成長の機会を設けたいため、再チャレンジの機会を設けています。"まずやってみる"というマインドをお持ちの方を歓迎しています。

▼技術職のコース説明、選考スケジュール、技術テストの内容
https://linecorp.com/ja/career/newgrads/job#job01


サービス企画職


15 LINE7605

当社が展開するサービスの企画、開発ディレクション、コンテンツ編集を行う職種です。いずれかのサービスを担当し、エンジニア・デザイナー・マーケティングと一緒にサービスを作っていきます。担当するサービスのプロジェクトの推進とその後のグロースハックなどを担当していただきます。

【サービス企画職選考の特徴】
企画書で勝負ができる。

学生の皆さんに企画者としてのアピールを存分にしていただくべく、書類選考の過程に企画書のご提出をお願いしています。また、その後の面接においても企画書の内容について質問をさせていただきます。
皆さんがLINEで実現したいことを是非表現してください。

▼総合職のコース説明、選考スケジュール。
https://linecorp.com/ja/career/newgrads/job#job03
※ビジネス企画職の応募は終了しました。ご応募ありがとうございました。

デザイン職(BXデザイナー)


15 LINE7333

自社ブランドの価値を高めることをミッションに、販促物や、オフィス、各種イベントにおけるオフラインのデザインを行います。その範囲は空間デザインや、ブランドデザイン、キャラクターデザインなど多岐に渡り、各々の専門家がいます。いずれもすべて自社内でデザインを完結しており、企画の段階からプロジェクトにかかわっていただきます。

【デザイン職選考の特徴】
デザイン課題とポートフォリオ。これまでの取り組みを評価します。
デザイン職はこれまで製作してきたもの、そしてその力を活かして取り組んでもらう課題によって選考いたします。課題については、過去に取り組んでもらった方に「楽しかった!」と言ってもらえることもあった内容です。

▼デザイン職の説明、選考スケジュール。
https://linecorp.com/ja/career/newgrads/job#job02

LINE Business Partners株式会社 営業職


Staffテレフォンブース

LINEのO2Oサービス 「LINE@」の営業に携わっていただきます。
ジャンルを問わず、幅広い企業や店舗などへ「LINE@」の導入を提案する仕事です。LINE@を通じて企業や店舗などの事業を拡大させます。
新たに導入していただく企業、店舗を増やしたり、既に導入していただいているお客さまへより良い利用方法を提案したり、代理店を通じてLINE@を広く普及させたりと営業手法は様々です。

【LINE Business Partners説明会の魅力】
説明会で現場社員・社長に会える

LINE Business Partners㈱への応募には説明会の参加が必須となっています。
事業内容や仕事内容だけでなく、主力商品であるLINE@の今後の展開について代表取締役からお話をさせていただきます。

※エントリーはマイナビより受け付けております。

各職種の選考フロー



024ddf9c990beeb8bc6884b66f1433b9


LINE 2018年新卒採用 LINEアカウント


LINE株式会社の新卒採用情報は新卒採用LINEアカウントでも発信していきます。学生の皆さん、是非友だち登録してください!

LINE ID:@linenewgrads
recruit(1)




学生のみなさまへメッセージ


Let‘s create WOW.

どんなに流行した製品やサービスも、その原点は個々のユーザーの”WOW”という感動、驚きから生まれています。私たちは”WOW”を追求し、絶えず新しい価値を開発・創造していただけるメンバーを求めています。私たちの挑戦はまだまだこれからです。昨日までの成功に縛られず、自身の枠を壊し、新たな挑戦と冒険に出ていきましょう。

皆様からのご応募をお待ちしております。

2月22日は「にゃんにゃんにゃん」で猫の日ですね。ちょうど30年前の1987年に「猫の日制定委員会」が制定したそうです。今回は、LINE社内の猫に関わる話題をご紹介したいと思います。

犬派?猫派?

LINEではたらく社員のリアル"趣味嗜好編"より、2015年にLINE社員100人にとったアンケート結果です。
HR Blog 04

見事にうまいことわかれましたが、微妙に犬派が多かったようです。2年経った現在はどうなったでしょうか。私は猫に入れると思いますので逆転の目があると思っています。

サークル活動

福利厚生の一環として社内サークル活動を支援しておりますが、社内には様々なサークル活動があります。現在もゆるやかに活動しているサークルの1つが「LINE nekoneko Friends」です。

主な活動内容は
・猫と戯れる
・猫の情報交換
とのことでした。

みんなで猫カフェに行ったり、写真展に行ったり、サークル資料として猫の本を購入したりと楽しんでいるようです。たまに気が向いた時に参加するゲスト部員も歓迎とのことなので申し込んでみようと思います。

LINE社内の猫と言えば…

LINEには様々なキャラクターがいますが、猫と言えばやっぱりジェシカ!ですね。渋谷オフィスの中にいるジェシカをちょっとだけご紹介しようと思います。

スタッフが行き交うエリアにあるLINEのキャラクターたちをモチーフにしたアート
IMG_0664


社内の会議室
IMG_0691
IMG_0697


プレートは裏と表で表情が違っています、かわいい!
IMG_0692
IMG_0693


人と同じくらいのサイズのジェシカもいたり。
IMG_0725


4月からは新宿のミライナタワーに引っ越しをする予定ですので、また新たなジェシカの一面を見られるのではと期待しています。

LINE社員の愛猫たち

最後に、猫を飼っている社員の皆さんにご協力いただき愛猫を見せていただきました。

■オシキャットのみゃーさん(♂・10歳)と雑種のボニーさん(♀・10歳)
03_01
飼主のコメント
性格が違う2匹なので、異なる癒し?をもらっています。もともと犬が好きなのですが、一人暮らしで飼うとなると猫ちゃんの方が現実的でした。飼うまではクールでかまってくれないかな、と思ったのですが、猫もいろいろ個性があり、うちでは結構常にからんできます。ひっかかれても何をされても可愛い、それが猫ですね。

■ロシアン・ブルーのTamaさん (♀・10歳)
04_01
飼主のコメント
生後2ヶ月目からずっと一緒に暮らしていて、風呂でもトイレでも自分の行く場所には犬のように付いてきます。ときには添い寝、ときには枕、Tamaなしでは安眠は語れません。


■たてさん (♀・19歳)
01_01
飼主のコメント
名前の由来は館山の海で拾ったから。年をとってわがままになり、お尻ぽんぽん会場を指定されます(お気に入りのソファ限定)


■さびさん・ もりさん(♀の姉妹・1歳半)
02_01
飼主のコメント
里親として我が家にやってきた姉妹。さびは賢く、もりはおっとり。性格が真逆です。

02_02
ドアの取っ手と、扉の開閉の関係に気がついたようで1ヶ月ほどの猛特訓を重ね、ついにドアを開くことに成功したんですが取っ手を縦にしてやりました。多少不便ですが、ネコと暮らすためにはこれぐらい朝飯前です。


■アメリカンショートヘアのゼロさん(♂・4ヶ月)
05_01
飼主のコメント
6匹兄弟の末っ子として大切に育てられたゼロ。人懐っこく誰にでも甘え、一人遊びもお得意。飼い慣れてないからか、クローゼットに入っていることに気付かず扉を閉めて出掛けてしまい、ショールの上に大小するという抗議をされました… が、我が家の癒し係です。


■スコティッシュフォールドの玉八さん(♂・5歳)
06_01
飼主のコメント
子どもが産まれる前から飼っていたのですが、最近は家庭内でのヒエラルキーの変化が日々起きつつあります。今はまだ猫のほうが子どもに対して「俺のほうが上やで?」感を出していますが、いつか逆転するのだろうなと思いながら楽しく見守っています。個性的な寝相で寝ていることが多いのでよく二度見しています。


猫は気まぐれだけどきちんと愛情を返してくれるのが最高ですよね。次回は11月1日(犬の日)にお会いしましょう!

LINE株式会社では、毎月全社員に向けて、会社、サービス、事業の近況を共有する会を実施しています。その中でも2017年の第一回目となった今回のKick Off Meetingは、今年の方針を代表取締役社長の出澤や各取締役・執行役員から直接話す、節目の会となりました。
今回はその様子をご紹介します。

047


今回はヒカリエ9Fのイベントホールを貸切り、社員全員が集まりました。
052


続きを読む

2017年2月16日(木)~17日(金)に開催されるDevelopers Summit 2017において、ランチスポンサーとして協賛いたします。また、軽食付きのセッションでは弊社 広告・ビジネスプラットフォーム室の砂金と、サービス開発1室の海津が登壇いたします。

ds2017
Developers Summit 2017 公式サイト

<概要>
「30分でLINE Messaging APIを使ったチャットボットを作って優勝賞金1000万円のLINE Bot Awardsにチャレンジしよう!」というテーマでお話します。
30分のランチタイムにライブコーディングで次世代UXとして期待されているチャットボット開発を実演。LINE Messaging APIを利用したBot開発の流れをご理解いただきます。あわせて、LINE Beaconや各種AI対話エンジンなどBotの企画・開発に役立つ周辺技術やLINEユーザーに広く活用されている成功事例もご紹介。優勝賞金1000万円のLINE Bot Awardsにも是非ご応募ください。お手元に開発用LINE@アカウント(無料~)をご用意いただけるとより一層お楽しみいただけます。

日時: 2017年2月16日(木) C会場 12:10より
会場:目黒雅叙園
主催: 翔泳社

席数が残り少なくなっておりますのでお早めにご登録ください。


イベントの参加方法などは公式サイトをDevelopers Summit 2017 公式サイトをご覧ください。

LINE株式会社ではエンジニアのため、様々な活動を支援しております。そのうちの1つをご紹介させていただきます。

try! Swift の協賛は2度目となり、今回も協賛のみではなく開発1センターでiOSエンジニアをしているChristopher Rogersが登壇いたします。また、会場ではブース展開も予定しております。
try


<概要>
「try! Swift」はプログラミング言語Swiftに関するコミュニティ主催のカンファレンスです。LINE株式会社はプラチナスポンサーとして協賛しております。

<公式サイト>
TOKYO - try! Swift

<開催期間>
2017年3月2日〜4日

<開催場所>
ベルサール新宿セントラルパーク


チケット情報は公式サイトをご覧ください。

dev_newgrads (1)

この度、2/12(日)に、LINE新卒採用2018 「エンジニア採用 直前対策講座 」を開催いたします(限定70名)。
LINEの新卒採用はすでに後半戦。第5タームまでエントリー受付が終了し、残り期間も少なくなってきました。そこで、LINEの技術職採用について興味がある・検討中の方に、より理解を深めて頂ける機会として、本講座を企画いたしました。是非ご応募ください!

【当日のコンテンツ】

1) 「LINEのWEB技術テスト - 傾向と対策」

実際に問題作成を担当したエンジニアが、試験問題の構成や傾向を、具体的な問題を紐解きながら直接解説!受講することで、試験のポイントを事前に把握することができます。

2) 「ラウンドテーブル with 新卒エンジニア」

LINEで活躍する新卒1-2年目の若手エンジニア(5名程度を予定)とテーブルを囲んでフリートーク。開発環境・キャリアプラン・先輩/同期との交流など・・・。気になる事には惜しみなくお答えします!

【こんな方の参加お待ちしています】

■ LINEのWEB技術テストの具体的な問題・レベル感を知りたい
■ LINEのWEB技術テストを一回受験したが、再チャレンジするにあたってポイントを知りたい
■ LINEの新卒エンジニアと直接話してみたい
■ LINEのエンジニアはどういった仕事・環境で働いているのか知りたい
■ LINEのオフィスを覗いてみたい
■ LINEに応募するにあたって個別に相談したい etc.

説明会詳細


LINE新卒採用2018 「エンジニア採用 直前対策講座 」

■日程   2017年2月12日(日)
■時間   ①14:00~15:30(受付開始13:30)、②16:30~18:00(受付開始16:00)
      ※①と②の内容は同じです。ご都合の良い方にご参加ください。
■場所   LINE株式会社 渋谷ヒカリエオフィス
     (東京都渋谷区渋谷2-21-1渋谷ヒカリエ27階 ※地図) 
■参加要件 2017年10月〜2018年10月までに入社可能な方(学歴・学部・学科不問)
■定員   各回35名(合計70名)
■持ち物  筆記用具
■服装   私服でお越しください(当社のスタッフも全員ラフな格好で参加します)
■予約方法
1) 「LINE新卒採用2018 技術職エントリーページ」から、まずはプレエントリーをお願いします
 ※エントリーシートの提出は必須ではありません。
 ※すでにマイページをお持ちの方は不要です。

応募する


2) プレエントリー後、マイページにログインし、【先輩社員座談会 ボタン】から、希望の時間を予約してください。
 ※席数が限られておりますので、参加は抽選で決定させていただきます。
 ※抽選結果は、2月9日(木)中にご案内させて頂く予定です。

 ★予約締め切り 2月8日(水) AM10:00 ★

LINE株式会社ではエンジニアのため、様々な活動を支援しております。そのうちの1つをご紹介させていただきます。

ecj
Elixir CONF Japanはプログラミング言語 Elixir を日本で更に盛り上げるため企画されたもので、LINE株式会社も協賛企業として支援させていただいております。

▼公式サイト
Elixir Conf Japan 2017

<開催期間> 2017年4月1日(土)
<開催場所>
秋葉原コンベンションホール
〒101-0021 東京都千代田区外神田1丁目18 東京都千代田区外神田1丁目18-13
<主催>Japan Elixir Association

チケット情報はこちらから
Elixir CONF Japan 2017 - connpass

今週も、はたらく机でスタッフを紹介していきたいと思います。
今日はモバイル企画運営室ではたらくLINEモバイルの企画スタッフです。
IMG_5657

――入社日を教えてください
 2016年の5月に入社しましたので半年くらいです。

――LINEに入社したきっかけを教えていただけますか?
 前職は通信系や通信キャリアでBtoCのビジネス部分の企画やMVNEといった業務を行っていたのですが、3月に開催されたLINEの事業戦略発表イベント「LINE CONFERENCE TOKYO 2016」でLINEがMVNOを始めると聞き、自分の経験が活かせると思い応募しました。


――現在はどのような仕事内容ですか?
 大きく2つあります。1つはLINEモバイルというサービスの企画です。直近でわかりやすい例ですと端末保証のサービスを開始したのですが、その企画などを担当しました。

※編集部注
端末保証オプションについての詳細はこちらです
端末保証オプションスタート! 万が一のトラブルに備えます : LINE MOBILE 公式ブログ

 もう1つは端末の販売です。LINEモバイルでは、ご契約と同時に購入出来るスマートフォンやタブレットを用意していて、そもそもどういった端末を扱うのかといった事から始まり、メーカーとの交渉、ディストリビューターへのヒアリング、価格交渉、端末のポートフォリオ作成なども行っています。


――実際にLINEに入社してみてどうでしたか?
 まわりからは「馴染むのが早かったよね」とよく言われます。おそらく、入社する前から「LINEでは皆さんどんな働き方をしているか」色々と聞くことが出来たのでミスマッチがなかったのだと思います。LINEモバイルというサービスのスタートメンバーだったということもありますが、組織がフラットで話しやすい環境があり、チームメンバー全員が「自分の業務はこれなのでこれしかやらない」ということがなく、みんなでサービスを作っていくというマインドがあり、それこそ「サービスのためなら何でもやる」を実践して1つの方向を向いているというのが理由としてあると思います。

続きを読む