アーカイブ/ 2014年03月

今週も、はたらく机でスタッフを紹介していきたいと思います。
今日はインフラ部門のネットワーク運営チームでマネージャーをしている方です。

――入社日を教えてください
2007年の10月に入社しました。

――LINEに入社したきっかけを教えていただけますか?
入社した当時はNHN Japan株式会社だったのですが、システム室というネットワーク全般を担当している部署へ配属でした。以前の職場はベンダーだったのですが、お客様の要望を受けてお客様のサーバやネットワークにたいして何かをやるという仕事で内容は案件ごとに毎回変わります。転職をしようと思ったきっかけは「自分で何が必要かを考え、導入し、運営までを行う仕事をしたい」と思ったことです。色々な会社を探したのですが、当時のNHN Japanは少し専門的になるのですが「これからAS番号を取得し、インターネットにマルチホーム接続する案件があるよ」というのがありまして、そういった経験が出来る機会だと思い、それが入社のきっかけの1つの要素だったと思います。

44781f3c904f680dd937
インフラ部門のあるオフィスにはゆったりした休憩スペースがあります

続きを読む

LINEd

イベント概要


日本発のメッセンジャーアプリであるLINEは世界中のスマートフォンにインストールされており、円滑で密接なコミュニケーションを支えるためLINE株式会社では様々な技術を導入し研鑽しています。実際にどのような技術を使い、どのように運用を行っているのか。現在どのような技術的なことに取り組んでいるのか日本のエンジニアの皆さんに知っていただく機会となるようLINE Developer Conference を開催いたします。

第一回目となる今回は大きく2つのテーマに分け、二日間に渡り開催いたします。
4月15日(火)「テーマ:インフラ」
4月17日(木)「テーマ:プラットフォーム」
※それぞれ申し込みが必要となります

講演概要


4月15日(火)「テーマ:インフラ」


・講演1 DBシステムの高可用性(High Availability)
 DBシステムの
 1. 冗長化(Redundancy)
 2. 自動フェイルオーバー(Auto Failover)
 3. 高拡張性(High Scalability)
 についてお話する予定です

・講演2 LINEにおけるIvy Bridge Serverの選定
 1. 運用性テスト
 2. 電力テスト
 3. 性能テスト
 4. サービス性能テスト
 についてお話する予定です

・講演3 LINEにおけるネットワーク(仮)
 LINEにおけるネットワークについてお話する予定です


4月17日(木)「テーマ:プラットフォーム」


・講演1 All about LINE Platform
 LINE Platformとして何をどう扱い、どうEco-systemを作っているか、その全体像を紹介します。

・講演2 Esper CEP on LINEGame
 LINEゲームにおける同時接続者数のリアルタイム指標収集についてお話する予定です


開催概要


開催日時 4月15日(火)、17日(木)
場所 LINE株式会社 渋谷ヒカリエ 27F カフェスペース
参加費 無料
対象 スマートフォン開発エンジニア、サーバサイドエンジニア、インフラエンジニア、セキュリティエンジニア、その他 Webエンジニア・プログラマ
 ※受付時にお名刺を2枚ご用意ください
 ※当イベントはエンジニアの方のみご参加いただけます
 ※対象となる職種以外の方は入場をお断りさせていただく場合がございます

応募方法
 こちらの応募フォームからご応募ください
 応募は締め切りました、当選の方には追ってメールにてご連絡いたします
 ※応募者総数が150名を超えた場合は抽選となります
 ※抽選にならなかった場合も含め、当選の方には改めて入館方法をメールでご連絡させていただきます

懇親会 同じ会場にて行います、参加費は無料です

cafe1

タイムテーブル(予定)


4月15日(火)「テーマ:インフラ」
16:30 会場
17:00 本編開始
19:20 本編終了
19:30 懇親会(2時間を予定)

4月17日(木)「テーマ:プラットフォーム」
16:30 会場
17:00 開始
19:00 本編終了
19:10 懇親会(2時間を予定)

※本編、懇親会ともに途中入場退室していただいてOKです


開催後、動画でのトーク内容公開などは予定しておりませんので是非会場までお越しください。皆さまのご応募をお待ちしております。

LINE株式会社へ打ち合わせにいらしたお客様専用の記念ギフトとして、LINEのキャラクターステッカーをご用意しております。ご来社いただいた際は是非お持ちください。

総合受付のあたりに設置しております
16

58


様々なLINEのキャラクターをご用意しております
27

38

42


スマートフォンに貼るのに最適なサイズです
30



気に入ったものをお持ち帰りくださいね!
00

今週も、はたらく机でスタッフを紹介していきたいと思います。
今日はLINE株式会社 事業戦略室 キャラクター事業チームの働いている方々です。

IMG_3008


――キャラクター事業チームが設立された背景と、どういったチーム構成でどのような仕事をしているのか教えていただけますか?
チームとしてはこの1月に新設されたばかりとなるのですが、私達は事業戦略室という部署の中で新規事業の開拓もミッションとして持っており様々な事業の立ち上げを企画検討しています。キャラクタービジネスはそういった新規事業の取り組みの中で生まれました。確かに会社の中では異色の仕事ですが、成果物がプログラムでは無いだけでLINEを造る仕事に変わりはありません。

続きを読む

LINE Fukuoka株式会社の設立に伴い、“LINE Developer Meetup in Fukuoka”と称してLINE,LINE Fukuoka主催の技術勉強会を定期開催していくことになりました。logo_128

イベント概要

LINE株式会社では、福岡、九州の人材成長や技術力アップに貢献していき、世界で通用する人材を九州からより多く排出する環境づくりに取り組んでいきます。

2回目の今回は、LINEのiOSエンジニアが、『再利用性の高いObjecitve-Cの書き方 / 組織でのiOS開発について』と題してLINEでのiOS開発についてお話します。また、来場者のみなさまとのディスカッションを交えた懇親会も行います。会社の垣根を越えた技術交流を福岡で実施していきたいと考えております。

【開催日時】
3/25(火) 19:00開場 19:30開始 20:30懇親会 22:20終了

【場所】
会場:福岡県Ruby・コンテンツ産業振興センター
住所:福岡県福岡市博多区博多駅東1-17-1

【応募方法】
以下からご応募ください。
http://connpass.com/event/5410/

【定員】
30名 50名に増員しました

第2回

テーマ:再利用性の高いObjecitve-Cの書き方 / 組織でのiOS開発について

2回目の今回は、LINEのiOSエンジニア@_ishkawaが、

『再利用性の高いObjecitve-Cの書き方 / 組織でのiOS開発について』と題して

LINEでのiOS開発についてお話します。

この1,2年の間にiOS開発でもGitHubなどに公開されているモジュールを採用する機会が増えてきました。

LINE社内でも共通のモジュールが採用されるようになってきているので、そのことについてお話しようと思います。

また、LINEにはiOSエンジニアが開発に集中できるような環境が整っていますので、そのことについてもお話しようと思います。


発表の後はその場でPizza&Beerの簡単な無料懇親会を行いますので、ぜひ弊社社員だけでなくご参加のエンジニアの皆さんとご交流ください。