アーカイブ/ 2014年06月

社内の一部を改装いたしましたので、紹介させていただきます。

フロア入り口にはLINEのスローガンである LINE MORE BE CLOSER の文字を追加しました
IMG_0653


スタッフが行き交うエリアにはLINEのキャラクターたちをモチーフにしたアートが飾られています
IMG_0664


円形になっているフリースペースです
IMG_0680


社内用の会議室には大きくキャラクターを配置しています
IMG_0668
IMG_0661
IMG_0691


部屋の中にもそれぞれのキャラクターがいます
IMG_0672
IMG_0677


このコニーの表情が素敵です
IMG_0733


執務エリア側から見るとこのようになっています
IMG_0689


大きめの会議室です
IMG_0654
IMG_0687


会議室の入り口にはプレートが飾ってあります
IMG_0670


裏と表で表情が違っています、かわいい!
IMG_0692
IMG_0693


1つ上のフロアに移動してみます。ここにもスローガンが書かれています。
IMG_0729


基本的な作りは同じですがキャラクターの表情などが変わっています
IMG_0704
IMG_0697


執務エリアから見た様子です
IMG_0715


こちらのフロアの円形フリースペースは夕方になっています
IMG_0700


にぎやかです
IMG_0706


個人的には、挟まれたムーンが好きです
IMG_0710


テレフォンブースも少し変わりました
IMG_0713


コニーは本当にブラウンが好きですね(笑)
IMG_0712


このフロアの大きな会議室はコニーとブラウンです
IMG_0716



IMG_0719


以上、少し変わったLINEの社内でした

6月27日に開催されるRedDotRubyConference2014において、弊社開発支援室 分析プラットフォームチームの田籠が登壇します。

<概要>
RedDotRubyConf is the largest Ruby conference in South East Asia - a two day single-track event that brings together renowned international and local speakers.

日時: 2014年6月27日(金)
会場:Matrix (Biopolis), Singapore
OJT1
登壇者:Satoshi Tagomori
テーマ:Fluentd: Data Streams in Ruby world

福岡の皆様の力をかりて、LINEをもっともっと育てていく
LINE Fukuoka Project」を行っているLINE Fukuoka。LINEおよび関連サービスの企画・開発・運営・カスタマーサポートなどあらゆる業務を行っているのですが、本日は福岡にあるオフィスを紹介したいと思います。

オフィスは博多に2拠点あり、まずはKDXオフィスから紹介していきたいと思います。こちらが受付です。
DSC09801


LINEのキャラクターがお出迎えします
DSC09802


休憩スペースではお昼になるとスタッフがお弁当を食べたりしています
DSC09804
DSC09805


お水とお茶が飲み放題です
DSC09809


壁は一面ホワイトボードになっています
DSC09806


プロジェクターや講演台を完備しているので勉強会などもここで開催しています
DSC09815


こちらの会議室はテレビ会議システムがあり、東京や海外とのテレビ会議に使っています
DSC09813
DSC09814


自動販売機はちょっと値段が安くなっています
DSC09816
DSC09817


パンやお菓子、カップラーメンなんかも買うことが出来ます
DSC09818


ここから先はスタッフ専用です
DSC09819


ゲストの方にはLINEキャラクター入りのゲストパスを貸し出しています
DSC09820


オフィスの中はこのようになっており、パーティションはLINEカラーの特注品です
DSC09825
DSC09821


椅子もなかなかよいものを備えています
DSC09832


おや…これは…
DSC09827


福岡社屋の図面かも知れません!
DSC09829


ロッカーも完備しています
DSC09822


テスト用端末が沢山あるエリアです
DSC09835


沢山の端末に囲まれて仕事をしています
DSC09836


200台を超えるテスト端末があるそうです
DSC09854


どのように使うのかわからない謎の機械がありました
DSC09840


AppleTVでもテストをしています
DSC09841


Game運営室の方の机はこういった雰囲気
DSC09864


ツムツムのぬいぐるみが可愛らしいですね
DSC09865


窓をあけて空気の入れ替えをします
DSC09853


備品コーナーです
DSC09843


軽食は100円、お薬は無料です
DSC09844


栄養ドリンクもあります
DSC09845


こちらは開発室で、エンジニアの皆さんがいました
DSC09850


最新スペックのMacBookPROなどが支給PCとして用意されます
DSC09849


ちょっと休憩、という時はこちらのコーナー。
DSC09857


オフィスグリコやワンコインドリンクがあったり
DSC09861
DSC09858


コーヒーが飲めたりします
DSC09859


この白い機械は製氷機、アイスコーヒーにもなっちゃいます
DSC09860


それぞれの席にはキャラクター付きのネームプレートがあります
DSC09867


沢山の空席があると思いきや、数ヶ月で埋まる予定だそうです
DSC09842


以上、KDXオフィスでした
DSC09878



続いて、エコーオフィスです。こちらもLINEキャラクターがお出迎え
DSC09881


LINE Fukuoka Projectのオープニングイベントにて、参加者の皆さんにいただいたメッセージボードを飾っています
DSC09887


スタッフの休憩スペースになっています
DSC09884
DSC09889


マッサージルームがあり、休憩時間に利用できるようになっています
DSC09894


こちらのオフィスにはテレプレゼンスルームがあり、一緒に話しているような感覚で東京や海外のオフィスにいるメンバーとテレビ会議が出来ます
DSC09892


ここから先が執務エリアです
DSC09905


LINEだるまが鎮座しております
DSC09896


休憩用のスペースにはKDXオフィスと同じコーヒーセットがあります
DSC09901


ドリンクもちょっとお安く購入可能です
DSC09902


こちらのオフィスでもロッカーを完備しています
DSC09904


こちらは LINE@の担当。レゴが力作すぎます。
DSC09900


休憩スペースには、LINEが3億ユーザーを突破した時に記念して作ったポスターが貼られています
DSC09906


こちらのオフィスもテレビ会議システムを備えています
DSC09908


LINE Fukuokaでは採用強化をしており、これから一緒に働く皆さんのために席を沢山ご用意しています
DSC09911



以上、福岡のオフィスでした。
DSC09917



LINE Fukuokaでは、現在200名以上の新規採用を行っております。「今は違う地方にいるけど福岡で働きたい」といった方を歓迎いたしますので興味のある方は是非こちらのページをご覧ください。
LINE Fukuoka株式会社 | LINE Fukuoka はじまる。

また、LINE Fukuokaの公式ブログが先週よりスタートしておりますので是非こちらもチェックしてみてください。
LINE Fukuoka公式ブログ

LINE株式会社では2014年夏に学生向けのサマーインターンシップを実施いたします。

summer_internship
LINE株式会社としてはサマーインターンシップは初めての試みとなります。コースは大きく2つ、エンジニア職向けのDeveloperコースと総合職向けのBusinessコースを実施いたします。詳しくは以下の概要をご確認の上ご応募ください。

Developer コース

学生1名につき1つのテーマについて約4週間の期間で開発、研究に取り組んでいただきます。期間中は1名のLINEのエンジニアがチューターとして指導します。テーマはチューターによって異なります。学生のみなさまのご希望の技術領域と適正に応じてチューターを選定いたします。
DSC00104

【募集要項】
  • 対  象:博士、修士、学部、学年不問
  • 実施時期:2014年8月4日~8月29日
  • 場  所:東京 渋谷ヒカリエオフィス ※希望者は福岡(LINE Fukuoka)も可能
  • 待  遇:
    ・インターン期間:報酬40万円
    ・遠方からの参加の場合、希望により宿泊代
    ・交通費全額支給
  • ※インターン成果と内容について学生フェローシップ制度を適用
    フェローシップ制度については決定次第ご説明いたします
  • 募集人数:5名程度を予定

【必要な条件/経験】
  • 基本的な開発経験/プログラミング経験のある方
  • 理系・文系問わずエンジニアに興味のある方
  • 大規模インターネットサービスの構築に興味のある方

【選考の流れ】
  1. 1次審査(応募フォームより登録)
  2. 技術テスト(1次通過者のみ)
  3. 面接(1回)
※締切り:2014/6/29

【選考スケジュール】
  • 7/3:一次書類審査発表
  • 7/4~7/10:テスト期間
  • 7/11~7/17:面談期間
  • 7/18:最終審査発表

応募する


Businessコース


ビジネスコースでは2日間を使って『LINEビジネスコネクト』をテーマとしたとビジネスコンテストを実施します。
6H0A1805

初日はグループに分かれてビジネスプランニングの骨子を立てていただきます。また、各グループごとにLINEのスタッフがチューターとして参加します。2日目まで2週間が空くので、その間の期間でLINEグループ機能を利用してディスカッションをしながらビジネスプランを詰めていっていただきます。2日目のビジネスプラン発表会では審査員として当社上級執行役員法人ビジネス担当の田端がグループごとにフィードバックをいたします。

【募集要項】
  • 対  象:博士、修士、学部、学年不問
  • 場  所:東京 渋谷ヒカリエオフィス
  • 募集人数:30名
  • 待  遇:交通費全額支給
    ビジネスコンテスト優秀チームへは賞金を授与
  • 実施時期:2014年8月7日、8月21日の2日間

【必要な条件/経験】
  • 締切り当日までにビジネスプランを提出できる方
  • インターネットビジネスに興味がある方

【応募/選考方法について】
  1. 書類審査+ビジネスプランの提出
  2. 結果発表 ※面接の予定はありません

【選考スケジュールについて】
  • 6/29:締切り
  • 7/9:審査結果発表

【提出物について】
LINEビジネスコネクトを活用したビジネスプランをご提出ください。
DSC00104
LINEビジネスコネクトについてのプレスリリース
書類形式は問いませんが、スライドになる場合は10ページ以内に収まるようにしてご提出ください。

応募する


LINEで活躍するスタッフがどのように働いているかを体験できる貴重な機会です。興味のある方は是非ご応募ください。

6月27日に開催されるデータサイエンティストサミットにおいて、弊社開発支援室 分析プラットフォームチームの橋本が登壇します。

<概要>
WEBビジネスの代表企業、国内外のデータ分析ソリューションの最先端手法の紹介、海外先端企業の来日講演、マーケティングキャンペーンやアドテクノロジーでの活用、次世代自動車産業のデータビジネス動向まで、データの分析・活用の最新情報を全1日で一望できる内容です。

日時: 2014年6月27日(金)
会場:秋葉原コンベンションホール(東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル2F)
主催: 翔泳社
OJT1
登壇者:橋本 泰一
テーマ:LINEを支える分析プラットフォームとその技術
(13:30~14:00のセッション) ※満席となりました

LINE Fukuoka株式会社では、開発エンジニアを中心とした福岡へのUターン・Iターンを希望される方を対象に、座談会・交流会を東京ヒカリエにて開催いたします。

長年働き馴れた、そして住み馴れた東京を離れて遠い福岡という土地で働くことに対して、多くの不安を感じられる方もあるかと思います。当日は実際にUターン・Iターンを行い、現在LINE Fukuokaで働いている社員の生の体験談をお聞きいただける座談会・交流会を開催いたします。まずは彼らの話を聞き、新しいチャレンジへの一歩を踏み出してみませんか?

LINE Fukuoka株式会社は、福岡で働くことに興味がある方々を経済的な面も含めてサポートいたします。是非お越しください。

■日時
平成26年6月15日(日) 17:00~18:00
座談会終了後、交流会を設けますのでよろしければご参加ください

■会場
渋谷ヒカリエ LINE株式会社 27F カフェエリア
東京都渋谷区渋谷2-21-1

■対象者
福岡へのUターン・Iターンをお考えで、現在首都圏で働かれている開発エンジニアの方々
※自社サービスの企画・運営(ディレクター・スーパーバイザー)でキャリアをお持ちの方も募集

■応募期間
応募期限 平成26年6月14日(土)23時59分
※定員に達し次第締め切らせていただきます

■定員
100名

cafe1


お申し込みはこちらから
LINE Fukuoka株式会社 | 福岡に移住しませんか?