アーカイブ/ 2014年09月

LINE株式会社、LINE Fukuoka株式会社主催のエンジニア技術交流会、LINE Developer Meetup in Kyotoを開催します。
logo_128

普段は福岡で開催していますが、今回は京都で開催ということもありLINE株式会社で働くエンジニア,LINE Fukuokaで働くエンジニアの両方のエンジニアから発表させていただきます。

タイムスケジュール


19:00 Open
19:30 [発表]テーマ:WKWebViewはデキる子か
20:00 [発表]テーマ:分散ログトレーサZipkinについて
20:30 Pizza & Beer!(無料)
21:30 Close

※大変申し訳ございませんが、エンジニア職の方、またはエンジニア志望の学生さんという基本的にプログラミングに関わっている方にご参加頂ければと存じます。

以下のページから応募できますので、興味のある方はぜひご応募ください。
http://connpass.com/event/8929/

LINE株式会社では2015年度新卒秋採用の募集を開始しました。
技術職のみの追加募集ということで、今回は先輩若手エンジニアのみなさんに普段おこなっている業務やLINEという会社について聞いてみました。

DSC02098


K.Yohei
IT運営室所属、LINEのネットワーク構築や運用を担当。2014年入社。

T.Yusuke
ITセキュリティ室所属、サービスセキュリティやVPNなど社内ネットワークを担当。2014年入社。

C.Mikyong
IT運営室所属、LINEゲームのDB運営を担当。開発初期のDB構築や、スペック選定、SQLチューニングなど。2013年入社。

O.Tasuku
IT運営室所属、LINEゲームのDB運営などを担当。MySQLやMongoDBなどのミドルウェア担当。インフラ構築、SQLチューニング、今後の運用のコンサルなどを行っている。2013年入社。


――皆さん宜しくお願いします。今回のインタビューは新卒志望の方にもご覧頂きたいと思っていますので、学生の頃はどんなことを専攻されていた教えていただけますか?

K.Yohei
私は現在ネットワーク構築などを担当していますが、大学でもネットワークの研究、特に無線ネットワークの研究をしていました。

T.Yusuke
サービスのセキュリティについて担当していますが、学生時代に専門的にセキュリティを学んでいたわけではありませんでした。幅広く情報セキュリティ的なこともやっていて、技術的なことだけではなく幅広く浅く様々なことを学んだ、というかんじです。

DSC02075


C.Mikyong
DBの担当をしていますが、学生の時は情報通信関連の専攻をしていました。DBやネットワークについて勉強したり、プログラミングをしたりしていました。

O.Tasuku
自分は音響信号処理の研究をしていたんですが、それ嫌になってしまってですね(笑)大学院にいってからは、ベンチャー企業でビッグデータ解析のバイトをしていました。

DSC02018


――現在の仕事と関係があったりなかったり色々ですね。皆さんから見て、LINEという会社はどんな会社ですか?やっている仕事内容など交えて教えてください

C.Mikyong
すごく成長が早い、スピード感がある会社だなと思います。
個人的にはその中から得られる事が沢山あるんですが、ユーザーの規模が他の会社と違うので、ここでしか経験できないことがあります。
LINEゲームでいうと新規タイトルのオープン時にサーバーの選定からやりますが、運営しはじめて沢山のユーザーの方に使ってもらえるようになって、実際にサーバが稼働しているのを見るのは嬉しいです。サーバーを限界ギリギリまで使われる機会というのは他のサービスではなかなか経験できないと思いますが、LINEの場合は限界まで使います。そして、どうやったらもっと効率よく使えるか考えるのが楽しいです。サーバーの構成やスペックをアップグレードして運用していくのも楽しいですし、月に何個かの新規タイトルをリリースしますが自分が予想するよりも多くのサーバーが必要になる時があります。
他にもカンファレンスや外部で講演する機会もあって、その準備をしたりするのも楽しい経験だなと思っています。

O.Tasuku
内容が似ていますけど、自分もスピードが早い会社だなと思います。
月にサーバーを10台20台とセットアップするのが普通で、先月も50台くらい色々なDBを構築するということをしました。新規タイトル1つにDBサーバだけで20台必要だったり、スピードが早いという以外にもスケールも大きいです。
他の会社の方からは「どれだけサーバーを絞ってうまくサービスをまわすか」ということを考える場面も多いと聞きますが、LINEの場合は安定志向です。より多くのユーザーの皆さんにより快適にアクセスしてほしいという理由から、他の会社では真似できないスケールのストラクチャを構築するところから入るのでインフラ資産を贅沢に使えるのは特徴的です。
今後どうなるかサービスが大きいので、チームのなかで標準化していく。僕が倒れたら他の人がどうするか。10台とかだと高等だけどもっと規模が大きい。

K.Yohei
私の場合はネットワークに関わる箇所を担当しているのですが、日本だけではなく海外で戦っている会社だなと感じています。日本だと電車の中や町中で使っていただいているのを目にする機会も多いので色々な方に使われているんだなと体感することはありますが、日本だけではなく海外も含めて色々な人に使われてコメントをもらいます。最近ですと海外の事業者の方から「最近LINEが何となく遅いんだけど」と言われることもあり、世界中で使ってもらっているんだなと実感するといったことがありました。

T.Yusuke
LINE全体ではないのですが、今のチームが面白いと思うのは「LINEの幅広さ」だと思います。ネットワークの攻撃の検知から、24時間監視をしているチームと攻撃があったら対応するといったことを連携をとりながらやれるというのは仕事の幅を決めずにやれているという事なのかなと思っています。

DSC02044


――LINEに向いているなと思う人はどういうタイプですか?
O.Tasuku
好きなことに集中すると時間を忘れる人、ですかね。スケールが大きくスピードも早い会社なので、実力が伴えば入社してすぐに色々やれますから集中して成果を出せるのは大事だと思います。

C.Mikyong 
仕事が出来ない人は駄目ですよね、なんとかやっていけるとは思いますけれど。向いている、でいうと大規模なシステムを体験して一緒に成長していきたいと思えるかは大事じゃないでしょうか。ポンポン飛んでくるアラートにあまりストレスを感じずにポジティブに働けるといいと思います、頑張る気持ちさえあれば研修もありますし、チーム内でも色々教えてもらえますし、大丈夫だと思います。

K.Yohei
同じパートの先輩に言われた言葉ですが「慎重かつ大胆な人が向いてる」とのことでした。たしかにそうだなあと思うことがあって、ネットワークはケーブル一本さす場所を間違えば全てが駄目になりますし、とにかく早く手を動かさないといけない時もあります。

T.Yusuke
社内で使っているシステム、会議の形態、組織図、色々なものが常に変わっていくので、細かいことを気にしないほうがストレス溜めずに出来るかなと思います。

DSC02071


――仕事をしていると楽しいことだけではないと思いますが、LINEで働いていて大変だなと感じる部分はどういったところですか?

C.Mikyong
沢山の方に使っている証でもありますが、ユーザーの皆さんの評価がすごく厳しいです。インフラに関わる人なら誰もがそうだと思いますが、夜も昼も関係なくアラートがいっぱい飛んできたりするので妥協出来ないというのも少し大変かなと思います。

O.Tasuku
スピードがとにかく早いのと、関わる人が多いというところですかね。対外的な開発会社が世界中にいるので、最近だとフィンランドやドイツなど時差がある会社とやりとりをしていて24時間体制で色々なことをサポートしないといけないということがありました。開発者がデプロイした結果を見ていく作業が多いのですが、チーム内でなるべく標準化をしてDBのハードウェア設計のベースを決めたり、デベロッパーガイドを作って基本的なミスが無くなるよう対処するなどしています。

K.Yohei
大変なところは、ちょっとした変更の影響範囲が広いところかと思います。日本で行った変更がシンガポールやタイで影響があるということもあり、気づかないところ開発者やユーザーに影響があると言ったこともあります。ネットワークだけではなく、ユーザーの使い勝手も考えて仕事をしていかないなと思いますが自分自身はまだまだ出来ていないのでもっと頑張らないとなと思っています。

T.Yusuke
海外拠点にある他のチームとの連携部分で時間が予想以上にかかってしまい、自分が把握していない部分について許可を得るのが難しいといったことがありました。何と言えば正確に伝わるのか、表現の仕方もそうですがコミュニケーションをもっと上手に出来るようにならないといけないなと思っています。


――では、皆さんが働くうえで大事だと思ってること、すべきだと思ってることを教えていただけますか?

C.Mikyong
「まわりの人との関係を大事にする」ということです。どれだけ忙しくても、まわりの人に来ている依頼で自分が手伝えるものがあれば早めに手伝ってあげたいので、関係を大事にしていきたいです。

T.Yusuke
「信頼される人であること」です。何か問い合わせをもらった時などに変な対応をしたりせず、丁寧に回答をすればセキュリティチームとしての信頼にもなりますし、今後の連携もスムーズになると思います。

K.Yohei
「責任感」です。自分の仕事が色々なところに影響があるので、これをやったら何がおこるのか、相手は何をしてほしいのか、自分は何をすべきなのか、それにたいして作業をするだけじゃなく説明まで出来るのは大事だと思います。

O.Tasuku
「サービス主導主義」です。私達が働く理由は、サービスを動かして、ユーザーの満足度を高め、売上をあげる、ということだと思っています。仕事のうえでのモチベーションや手間がかかることもありますが、それはいつかはサービスのためになるなら難しくてもめんどくさくてもコミュニケーションとって責任感を持ってやっていく。それが前提にあれば、ああだこうだあってもいいし、よいものを作っていけると思っています。


――新卒入社してから5ヶ月しか経っていないお二人もいるので少しむずかしい質問になってしまうかも知れませんが、LINEで働いて成長しているなと実感することはありますか?

O.Tasuku
自分の場合は「とりあえずさっさとやる」というのが身につきました。学生の時は無限に時間があって徹夜もできました。凝り性なので、データ解析をする時などはああでもないこうでもないと頻繁にスクリプトを1から作り直したりといったことをよくやってましたが、今は他に沢山の人が動いて仕事を進めていくという状況なので「とりあえず作って動かす」という、先にやる癖がつきました。

C.Mikyong
私は中途での入社ですが、経験がある先輩たちがいてすごく勉強になります。わからないことは教えてくれますし、前職でやっていた仕事とは規模が違うのでそもそもの考え方が違う場面もあります。変化が激しく忙しいですが、LINEでの1年は他社の2年に相当するというくらい急成長していると思います。

K.Yohei
入社して5ヶ月ですが、学生の頃に比べると作業の確実さに気を配るようになりました。以前は「こんなもんでいいか」と思う部分もありましたが、作業の計画をたてて確実にしないと色々なところに影響が出てしまいます。同じパートをやっている先輩の経験を学ぶことも出来ますしアドバイスも的確なので、よい環境の中で成長できてるんじゃないかなと自分では思っています。

T.Yusuke
私も入社して5ヶ月なのですが、自分が成長しているかはわかりませんが成長しているからこそ任されているのかなと思います。入ってすぐでも任されることは多いと思いますが、サポートしてもらいながら成長させてくれる環境だなと思います。

DSC02131


――いま振り返って「学生のうちにやっておくといいもの」は何だと思いますか?

O.Tasuku
自分の場合、バイトでベンチャー企業に入るまではプログラミングをしたことなかったんです。ものを作る環境に入って行き当たりばったりで覚えて、データとか見て触るようになって感じたのは「やってみないとわからないことって多いんだな」ということでした。
当たり前なんですが、作ってから誰かに使ってもらわないとわからないことって多いんですよね。検索すれば何でもわかるように錯覚しますが、技術的なことなどはブログに書かれてないことのほうが世の中には多い。作ってみて、誰かに見られてなんぼなので、小さくてもいいからやってみるということを学生のうちからやっておくといいと思います。

C.Mikyong
会社に入ってからは自由な時間は無くなるので、学生の頃に遊んでおいて「あとは一生仕事しても大丈夫だ」ってくらいに遊んで楽しんでほしい。なので「勉強より今の時期を楽しんで」ということですね。
仕事に役立つという面では、新しい技術に対して集中して勉強するというよりは距離感がないくらいに親しくなることに慣れておくこと。とにかくよく見て慣れ親しむ、それだけしておけばいいと思います。

K.Yohei
とにかく手を動かせばいいと思います。会社に入ると会社ごとで導入する技術は違うので、使う技術も限られますし自由な時間も少なくなります。色々なことに興味をもって、さわって動かしてみるのをオススメします。実際そういう「手を出してやってみる」というのが今の自分に役立ってるなと思うことがあります。

T.Yusuke
なにか1つのことを突き詰めて限界まで詳しくなる、ことですね。同じ部署の中にいても業務内容が違う場合、一人一人説明したり方向性を話したりする時に「この分野なら自分がスペシャリスト」と言える、そういう分野をもつことが大事だと思います。自分もまだまだこれからですが。


――今後やっていきたいことを教えてください

K.Yohei
インフラ運営業務の効率化のためのシステム構築など、ネットワーク以外の分野にも取り組んでいきたいです。インフラ運営には日々新たな課題が生まれてくるものの、課題の改善に向けての取り組みを積極的にやらせてもらえる環境なので、そういった取り組みを通して、よりよいインフラを作っていきたいと思っています。

C.Mikyong
色んな部署の色々な人から自分では考えたこともないようなデータベースについての質問を受けることがあるので、そういった質問すべてにすぐ答えられるスペシャリストになりたいです。

T.Yusuke
私も同じで、「この分野で頼ってもらえる」というスペシャリストになりたいです。その分野がどこになるか自分の中でもまだ定まっていませんが、今後みつけていきたいと思っています。

O.Tasuku
自分はゼネラリストになりたいと思っています。LINEにはゲームやメッセージング、ECなど色々なサービスがあります。グローバルで展開しているのでそこで得られる様々なデータがあります。今は技術的なところをやっていますが、その技術がわかったうえで他のジャンルの、例えば企画職とか営業職とかそういうのも見てみたいなと思います。

DSC02142




ありがとうございました。


こちらもあわせてご覧ください
[技術職]2015年度新卒秋採用を開始します : LINE HR Blog

2015年度新卒秋採用リクナビからのご応募となります
【LINE株式会社 新卒採用】|就活ならリクナビ2015 新卒・既卒の就職活動・採用情報サイト

2015年度新卒秋採用の募集を開始しました。既卒の方も応募可能です。
秋採用においては技術職(エンジニア職)を追加募集いたします。

autumn_recruitment(1)

募集要項


技術職(エンジニア職)
[給与]
学部卒:年俸4,606,000円~
大学院卒:年俸5,012,000円~
エンジニアスペシャリストコース:年俸6,000,000円~
※スペシャリストコースについて
 選考過程でスペシャリストの基準に満たすと判断した学生には、
 スペシャリストコースの選考フローを改めてご案内します。
[諸手当]
超過勤務手当、交通費全額支給、選択式福利厚生手当金(※)、
※社員の「健康維持増進」「自己啓発」「次世代育成」を目的として給与とは別に手当金を支給する手当です。
 支給額は月額10,000円~です。
[勤務時間]
10:00~18:30(一部職種9:30~18:00)
[給与改定]
年2回
[賞与]
インセンティブプラン年2回
[保険]
各種保険完備(雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険)
[勤務地]
東京都渋谷区、新宿区 ※希望により福岡拠点有


選考スケジュール


1)書類提出(Open ES) ※10/14:10:00締め切り
2)筆記技術試験(10/18:京都 10/21,22:東京)
3)1次面接(10/27~東京)
4)最終面接+内定通知 (11月中旬頃)

応募については以下の応募ボタンからご確認ください。

応募する
※リクナビからのご応募となります。

前回の LINE Summer Internship 2014 を実施しました Developerコース編に続き、Businessコース編をご紹介いたします。

繰り返しになりますが "LINE Summer Internship 2014" 募集開始! といった形で募集をしておりましたサマーインターンシップ。LINE株式会社として初めての試みでしたが、エンジニア職向けのDeveloperコース、総合職向けのBusinessコース、いずれも沢山のご応募をいただきました。まことにありがとうございました。

ご応募いただいた皆さんからいただいた内容を拝見し、面接なし・企画書一本での選定で全国各地の大学学部2年生から修士は2年生まで幅広くご参加いただきました。

DSC01100


初日は約30人の参加者が「ムーンチーム」「コニーチーム」など、LINEのキャラクター名がはいったチームに分かれ、出されたテーマに基づいてグループディスカッションを行っていただきました。
DSC01107
DSC01119


ではBusinessコースの2日間の内容についてご紹介いたします。
=====================
【期間】
8月7日・21日
【テーマ】
~LINEを使った法人向けビジネスを考案せよ~
ルール1.法人向けの事業であること
ルール2.グローバルに展開できる事業であること
ルール3.事業化から3年間後に1千億円の売上を出すこと
【議論の進め方】
・1日目にテーマの発表と基礎資料の配布。これを元にグループワークを行う
・1日目の終わりに中間発表を行い執行役員である田端からのフィードバックを受ける。
・このフィードバックを受け、間の2週間の中で各チーム調査・検証を行う。
【チューター】
各チームに1名、社員がファシリテーターとして入る
【優勝賞品】
海外カンファレンス等への参加ツアー
=====================

各チームごとにLINEのスタッフがチューターとして参加しています。
DSC01128
DSC01130


各チーム、気合が入っていますね!
DSC01135


1日目はビジネスプランニングの骨子を立てていただき、発表していただきます。複数のビジネスプランを発表しているチームがあったり、質疑応答が白熱したりと盛り上がっていました。
DSC01149
DSC01158
DSC01176


当社上級執行役員法人ビジネス担当の田端が審査員として参加し、各チームごとに簡単にフィードバックやアドバイスをしておりました。
DSC01164



2日目は2週間となり期間が空くため、その間は各チームごとにLINEのグループ機能を利用しディスカッションをしながらビジネスプランを詰めていっていただきました。2日目はプレゼン資料の作成、プレゼンのリハーサルなどを行い、いよいよ本番です。

仮想の競合となるビジネスモデルを詳細に分析したり、公表されている各種データを引用したり、周囲の方にアンケートをとったりと各チーム素晴らしいプレゼンでした。
DSC01300
DSC01304
DSC01342
DSC01377


全チームのプレゼンが終わり、いよいよ発表です。最優秀賞は一体どこのチームになったでしょうか。
DSC01393


最優秀賞はお揃いのTシャツでプレゼンに挑み、"物流"についてのビジネスプランを発表したサリーチームの皆さんでした。サリーチームの皆さんには最優秀賞の副賞として海外ツアーへご招待させていただきます。
DSC01408


最後はBusinessコース編の参加者の皆さんと、チューター全員で記念撮影。2週間という期間でしたが、濃密な時間で楽しかったという感想をいただきました。
DSC01424


参加者の皆さんへは修了証として盾を授与いたしました。
DSC02157



来年もサマーインターンシップを開催予定ですので、学生の皆さんとまた来年お会いできるのを楽しみにしております。

"LINE Summer Internship 2014" 募集開始! : LINE HR Blog といった形で募集をしておりましたサマーインターンシップ。LINE株式会社として初めての試みでしたが、沢山のご応募をいただきました。まことにありがとうございました。

エンジニア職向けのDeveloperコース、総合職向けのBusinessコース、の2つのコースで実施いたしましたが、今回はDeveloperコースの様子をお届けしたいと思います。

こちらのコースの内容は「学生1名につき1つのテーマについて約4週間の期間で開発、研究に取り組んでいただきます。期間中は1名のLINEのエンジニアがチューターとして指導します」というもので、それぞれの技術領域と適正に応じてテーマが変わるものです。

当初は5名の予定でしたが、想定していたよりも多くの選考通過者がいたため10名を受け入れることになりました。


初日は代表取締役社長である森川より挨拶がありました
DSC00966


1ヶ月のインターン生活を共にする10名の皆さんに、それぞれ自己紹介を行っていただきます。専攻がバラバラなのもそうですが、国内だと関西から、タイから留学中の方など様々なバックグラウンドをお持ちの皆さんにご参加いただきました。
DSC00973


初日は環境設定などを行っていただいた後、チューターとなったエンジニアの近くに用意された席にそれぞれ移動し、テーマに応じた課題に取り組んでいただきました。
DSC00993


週に一度の経過報告会を行いながら、インターン最終日には約1ヶ月間取り組んでいただいた最終発表をしていただきました。
DSC01660


チューターや1ヶ月間に関わった社員たちも参加しました。人前で喋るというのはなかなか大変ですが、皆さんスラスラと1ヶ月間で作ったものについて発表されているのが印象的でした。
DSC01664


DSC01674
DSC01683
DSC01693
DSC01735

DSC01702


最後は参加者の皆さんで記念撮影。充実した1ヶ月間だったという感想を皆さんからいただきました。
DSC01748



インターン参加者の皆さんが作ったものは作って終わりではなく、一部はLINE社内で使われているツールに正式導入されることが決定しています。

来年もサマーインターンシップを開催予定ですので、学生の皆さんとまた来年お会いできるのを楽しみにしております。次回は総合職向けのBusinessコースの様子をお届けする予定です。