LINEでは、世界に向けて挑戦するアスリートの支援をしています。
現在、社員アスリートとして5名が在籍しています。

・車いすラグビー 菅野元揮
・パラバドミントン 藤原大輔
・車いすバスケットボール 北田千尋
・車いす陸上 金涌貴子
・パラ陸上 山路竣哉 

2020年の東京パラリンピックへの思いを聞くインタビューの第2回目は、今後の目標と好きなLINEサービスを教えていただきました。

athlete_photo_0509

写真左から、北田千尋選手、藤原大輔選手、山路竣哉選手、金涌貴子選手
※菅野元揮選手は日本代表強化選手に選ばれ、練習のため欠席

――2016年度の成績を教えてください。

藤原:僕はシングルスで4つの国際大会に出場しました。
結果は、アイルランドオープンで3位、インドネシアオープンで3位、アジア選手権で3位、コロンビアオープンで1位でした。
全ての大会でメダルを獲得できたことと、世界ランキングが4位まで上がったことが良かったです。

Daisuke Fujihara


山路:リオパラリンピックの選考大会が3つありましたが、前年度のケガが影響していい成績を残すことができませんでした。
パラ陸上は、障がいによるクラス分けがあるものの、全クラスの中から成績上位者を抜粋してランキングを決めます。車椅子の選手も、視覚障がいを持った選手も、同じ枠を争うことになるのでハードルが高いですね。

金涌:男女ごとにランキングを決めるから、私が男性だったら山路選手とはライバルでしたね(笑)。
成績ってむずかしくて、たとえば登録している選手が1人しかいない種目は、自動的にランキング1位になるんです。だから、順位だけで実力がはかれないところもありますよね。

私は、本年度、国際クラス取得を目的としてドバイの大会に重きを置いていたのですが、記録は800mが2分40秒、400mが1分19秒80、100mが21秒29で、100m以外は自己ベストを出せませんでした。しかし、今までよりも調子が良かったし、ケガも無かったのでよかったです。

Atsuko Kanawaku


北田:前回の座談会でも話題に出ましたけど、私も車椅子陸上にチャレンジしようかな!(笑)
昨年度はオーストラリアリーグに参加して、女子のリーグで優勝、男子のリーグで準優勝しました。日本選手権は3連覇を果たし、個人の成績でいうと3年連続でMVPをいただきました。チームプレーなので自分1人の力ではないのですが、目標を達成できた良いシーズンだったと思います。

――2017年度の目標は?

藤原:今年度は出場する全ての大会で優勝を狙い、世界ランキング1位を目指します。そして日本選手権は必ず3連覇します!
すでに東京パラリンピックへの戦いは始まっているので、ランキング上位をキープして2020年につなげたいと思います。

山路:ロンドンで開催される世界選手権で、4位以内の入賞を目標にしています。
現在の世界ランキングは15位ですが、東京パラリンピックを目指すなら5位以内に入る必要があるので、気を引きしめてがんばります。

Shunya Yamaji


金涌:私は手首の骨折などのアクシデントが続き、リオデジャネイロパラリンピックを目指せないことが確定しました。悔しくてたまらない思いを抱える日々が続きましたが、今後は記録を出せる種目に集中して、国際ランキングで上位に入れるよう努力したいと思います。

北田:今年はオーストラリアの女子リーグで2連覇、日本選手権で4連覇を目指します。
そして中国で世界選手権の予選があるのですが、もし2018年の世界選手権に出場できないと2014年の世界選手権以来、世界大会に出場できないことになり、さらに世界の強豪国から取り残され、東京パラで勝つためには厳しくなるので、必ず勝てるようにチームを強化しています。まずは代表メンバーに選ばれるよう、しっかり選考を突破したいです。

Chihiro Kitada


――最後に、好きなLINEサービスについて教えてください。

藤原:最近はよくLINEポコポコをやっています! 時間に縛られない感じがめっちゃいいんですよ!

北田:ポコポコのたのしさはやばい! 最強の暇つぶしですよね!
私が1番使っているのはLINEマンガです。昔から漫画が好きで、海外遠征にコミックスを持参するほどでしたが、スマホで手軽に読めるので重宝しています。かなり課金してますよ(笑)。
あとはクリエイターズスタンプの「名前スタンプ」を、チーム13人全員にプレゼントしました!

山路:僕はアニメキャラクターのLINEスタンプをよく使います。視力が低く文字が読みづらいので、スタンプのおかげでコミュニケーションが楽になってありがたいです。
LINE MUSICもよく使いますね。練習後にリラックスしたいときや、試合前の集中したいときにロックバンドの曲を聴いてパワーをもらっています。

金涌:私はLINEのトークに助けられています。海外遠征のときの大切な情報共有ツールなので、慣れない場所でもLINEがあるとすごく安心できますね。メンバー同士で練習の調整をするときにも使っています。

北田:そういえば、「通訳アカウント」を友だちとのトークルームに招待するだけで、文章を自動で翻訳してくれるんですよね!

藤原:僕も海外の選手と連絡を取ることが多いので、この機能は便利だなと思っています。これからもLINEを活用して、競技はもちろんリフレッシュにも役立てていきたいです!

――ありがとうございました!

今後もLINE株式会社の公式ブログやSNSで、障がい者アスリート社員たちの活躍を発信する予定です。どうぞお楽しみに!