今週も、はたらく机でスタッフを紹介していきたいと思います。
今日はウェブサービス本部開発2室開発4チームでマネージャーをしている方です。

DSC04863

――入社日を教えてください
2009年2月です。


――NHN Japanに入社したきっかけを教えていただけますか?
前々職は3〜40人くらいの規模で「もっと小さい規模でやりたい」と思って、全員がエンジニアの4人で小さな会社にいました。各自クライアントの現場に常駐する形で、それでも一緒にやってる感を出していきたかったがなかなか難しかったですね。きっかけは、大学時代に一緒のゼミだった人から「事件後でも以前と変わらず開発してる」と聞いて興味が湧いて当時のライブドアに入社しました。


――現在はどのような仕事内容ですか?
コミュニティサイトや恋愛系サイト「AM」の開発リソースの調整や一部開発もする、といったかんじです。

――開発4チームはどんなチームですか?
契約社員なども含めて12人が所属してるチームでして、基本的にはコミュニティ サイト案件をやる人が集まっています。黙々とやるタイプの人が多いですが、他のカンファレンスに行って勉強する人もいますし、自立してる人が多いかなと思います。


――入社されてそろそろ4年目ですが、今のNHN Japanはどうですか?変わったところなどはありますか?
入社当時はライブドアでしたが、開発の立場からするとあまり変わらないですね。グループウェアが導入されたりといった面で大企業っぽさは多少ありますが、人によってはそういったツールがあったほうが仕事がしやすいという人もいますし。部署をまたいで行うことも人と人との繋がりだけで「知り合いだからうまく通る」ほうが気持ち悪いと思いますし、細かいこと考えなくてもいいので楽ですね。


――マネジメントで気をつけてることはありますか?
全部を見たり把握することは無理なので、リアルタイムで何をやっているのか、困ってることや詰まっていることはないかIRCをメインに見るようにしています。
我々が担当している事業は売上の部分が開発のモチベーションにも繋がっている部分があるので、まだ売上がないところでのモチベーションをどうしていこうかというのは考えています。コミュニティサイトは「人と人とを繋げる」という要素さえあればなんでもやれるので、何か出来ないかなと常に思っていますね。


――マネージャー自信のモチベーションの源は何ですか?
色々な開発をして感じるのは「売上があがっているからサービスは残る」ということです。売上をあげることが目的ではないですがウェブサービスを運営していく判断材料でいうと売上が大きな割合を占めるのは事実です。今の環境はエンジニアがコンテンツに対して意見して、それを反映してもらえる風土なので、自分たちが作っているサービスが売上を上げているという感覚があります。そういった部分がモチベーションに繋がっているかなと思います。


――どんな人と仕事をしたいですか?
「こういう人がほしい」という観点でいうと「空気を読まないことが出来る人」ですかね。天然で空気を読まない人ではなく、状況をわかったうえで言うべきことを言える人。現在もそういったスタッフはいますが、もうちょっといたほうがディレクターとのバランスがとれるかなと思います。


――会社の好きなところ、自慢できるところってありますか?
ライブドア時代から変わっていない部分ですが、エンジニアとディレクターが対等に話が出来るというのはいいなと思います。前職までは、はっきりと職務分掌が別れる職場環境に居たので、こういった他の会社にはあまり無い関係性は貴重だと思います。たまにエンジニアが強すぎる時もあるんですが、案件によりますね。


――リフレッシュ方法や休日の過ごし方を教えてください
最近子供が生まれたんですが、帰って子供の顔を見るのが一番リフレッシュになりますね。休日はずっと面倒をみてだいぶ疲れることもありますけど、結果的にリフレッシュになっています。子供は日々どんどん成長するので見てて面白いですよ。小さくてかわいいままでいてほしいのに大きくなってしまうので「ここでセーブしてたまにロードする」とかやりたいのにどんどん進んでいってしまうので少しさびしい時もあります(笑)


――最近ハマってることありますか?
いわゆるソーシャルゲームを一通りやってみて、パズドラは今も何となく続けてやっていますね。「株買っとけばよかったなー」と思いながら一度だけ課金しました。


――エンジニアとして心がけていることはありますか?
うちの会社のエンジニアはすごく出来る人が多いので、差がついてしまうのもまずいなと思い最近の技術トレンドについては常に情報収集するように心がけています。はやりの本はとりあえず買っとおくとか最低限やっていて、まだ読んでない本をチームメンバーに教えると先に読まれてしまって、慌てて自分も読むということもありますね。
仕事の仕方で心がけている点は、とにかくレスポンスを早くするということです。ユーザーサポートチームを擁する案件もあって、例えばユーザーの方から電話がきて急ぎで対応しないといけない件があると「どなたかエンジニアさんの方」という形で対応要請があるので、なるべく誰かにふって早く対応できるようにしています。そこでレスポンスが遅いと蔑ろにされているような雰囲気が出来てしまいますし、素早くレスポンスすることで皆が働きやすい環境になるようやっています。


――今後やっていきたい事を教えてください
ジョブスキル、ジョブチェンジとか考えたりもしますが、自分は少なくともエンジニアに関わってる職種でいきたいなと思っています。業務として現場にいないといけないよなと思います。今までやってきたことを活かすというか、ある日突然職種まで変えてしまうと「今までやってきたことなんだったのか」と自分の中で解決できなくなると思うし、前に進めないと思っています。うちの会社はマネージャーでも毎日コードを書いてるし、そういうふうに厳しく自分を律していきたいと思っています。


――ありがとうございました