「WOWな体験を、あなたに。」 というコンセプトを掲げフードデリバリーサービスを行っている LINE WOW は、LINEの関連会社であるLINE Bros. 株式会社が運営しています。今回は、サービス拡大に向けてドライバーのアルバイト採用に注力しているということで、実際にドライバーがどのような仕事をしているのかを聞いてみました。

IMG_7979re


まずは LINE WOWのドライバーの1日を簡単にご紹介いたします

9時始業、まずはデリバリー用バイクの清掃を行い身だしなみを整えます。
IMG_7815

9時半から朝礼があり、今日の配達の場所や申し伝えを行います。
IMG_7812


そこから各レストランから商品の引取りを行います。三輪のバイクですが、普通免許で運転可能です。
IMG_7877


今日は麻布十番にある「おざき」さんのお弁当を引取りに行きます。
IMG_7890


デリバリー先は様々なので、お弁当をお預かりして一旦事務所へ戻ります。お預かりするお弁当は「お店で食べる時と同じものになるように」ということが大事なため、慎重に取り扱っています。
IMG_7902


このように、緩衝材を入れるなどして工夫しています。温度計がついており、保冷剤や保温材を入れて常に品質管理を徹底しています。
IMG_7909


その後、指定の時間にデリバリー業務を行います。支給のスマートフォンはデリバリーシステムと連動しており、ドライバーには配達ルートが表示され、ご注文いただいたお客様には常にドライバーの位置がわかるようになっています。
IMG_7845


指定の時間にお客様へ商品をお届けします。
※この日はたまたまLINE本社へのデリバリーでした
IMG_8013


13時までデリバリー業務を行い、その後片付けをして現在は14時くらいに終業です。



ここからはドライバーと運営スタッフの皆さんにお話を聞いていきたいと思います。

――LINE WOWのドライバーはどのくらい在籍していますか?また、現在どのような年齢層でしょうか
運営スタッフ
12名在籍しておりまして、大学生とフリーが半々です。大学生は3年生と4年生がメインで、フリーの方々は普段は役者をやってたり、バンド活動をしたりしているようです。

――普段どんな点に特に気をつけて業務をしていますか?
ドライバー
デリバリーのアルバイトは初めてだったので実際に始める前までは、スピード重視でお弁当を運ぶものだと思っていましたが全く違いました。よく社員の方から伝えられるのは「LINE WOWのコンセプトは『お客様にWOWな体験をしていただく、プラスアルファの感動』を目指している」ということですが、そのコンセプトや達成するために必要な体制などを見ていると、スピードが大事なのではなくドライバーは安全も考慮したうえで、芸術のようなお弁当を壊さずお店で食べる時と同じものになるようにすること、お客様に普段とは違う体験を提供することが大事なのだと感じています。

運営スタッフ
LINE WOWとして提供していきたいサービスのレベルというのをドライバーとも共有するようにしていまして、先ほども申し上げたように「ただお弁当をデリバリーするだけ」ではないということを意識しています。具体的には「ご注文いただいたお弁当がどのような商品なのか、お店はどういったお店なのか」をドライバーは全て頭に叩き込んで過不足がないよう説明する準備をしています。

IMG_7997-2
とても美しい「おざき」さんのお弁当


――3輪バイクでのデリバリーですが、最初は怖くないですか?
ドライバー
普段からバイクに乗っているので怖いということはありませんでしたが、三輪は重いので最初は特徴をつかむくらいでした。雨の日などはスリップしたり、白線の上やマンホールの上などバイクに乗らない人にはわからないこともあるので注意が必要だと思います。とにかく安全に、ということを意識しています。


――安全のためにどのような取り組みをされていますか?
運営スタッフ
デリバリーに使用している三輪バイクは、車の普通免許があれば乗車可能なミニカー登録になっています。ドライバーは普段からバイクに乗ってない人が大半で、操縦もあまり難しくはないのですが外部の機関が行っている安全講習を受けるようにしています。三輪バイクの講習だからと軽視しがちですが、アクセルを捻って目的地に早く到着することではなく安全にお届けすることが最も大事ですので今後も継続的に全てのドライバーを対象に講習を実施していく予定です。もちろん二輪免許保有者は大歓迎です!


――フードデリバリーという仕事を選んだ理由を教えてください
ドライバー
友人からの紹介だったのですが、LINEという勢いのある会社が始める新たな領域の仕事ということでスタートしたばかりのタイミングは面白そうだと思いました。それと、これはすごく正直な話ですが時給が1500円と高額だったのも選んだ理由の1つです。

IMG_7822


――今までのは他にどのようなアルバイトを経験されてきたのでしょうか?
ドライバー
居酒屋のホールとキッチンをやったり、店長業務などもしていました。他には高級レストランのホールスタッフや、テレビ番組のAD補佐など様々です。


――デリバリーという仕事なので寒い日も暑い日もありますが大変ではないですか?
ドライバー
11月からスタートしたサービスなのでまだ暑い時は経験したことがないのでわかりませんが、すごくしっかりした防寒セットが用意されているので寒い日でも全く大変ではないです。防水も完璧なので雨の日も問題ないです。

運営スタッフ
このサービスを展開するにあたり、準備を担当したスタッフから「デリバリー担当ドライバーには寒い冷たいという思いは絶対にさせたくない、とにかくいいものを用意しましょう」という意見があり、防寒などはしっかりと対策をしています。

根性論や気合ではなくサービスの平均値を少しでも上げるために必要なものだと理解していますが、そもそもドライバーが寒かったり濡れたりと大変な思いをして気持ちが萎えている状態だったら WOW どころじゃないですよね(笑) そういったところも含めて、環境や不安を取り除く仕組みを会社側でサポートしていこうと思って実践しています。

IMG_7877



――ドライバーという仕事は土地勘がないと難しいでしょうか?
ドライバー
他のドライバーとも話しますが、全くそんなことはないです。現在は渋谷区と港区の一部がデリバリー対象となっていて、デリバリー用の三輪バイクにはスマートフォンを置くところがあり常にナビが出ているため道に迷うことはありません。配達システムのアプリはしっかり作りこまれていて、配達ルートがお客さまからも見えるようになっています。今のところ「あの道を来たらよかったのに」と言われたことはありません。


――ここで働いてよかったなと感じることはありますか
ドライバー
他のアルバイトの現場と比べてという意味ですが、同期で入ったメンバーに恵まれているなと思います。仲が良いのもそうですが、LINEグループを使って業務上の注意点をすぐに共有したり、よくないところはお互い指摘しあえる関係はいいなと思っています。

また、自分では行く機会がなかなかないような有名店の場所を覚えることが出来るのはいいところだなと思います。商品の引取りの際に、一流料理店のプロフェッショナルな皆さんと雑談する機会も多いですが色々な話を直に聞けるのはすごいことだなと思います。

あまり機会は多くないですが、新商品の試食がたまにあるのでありがたいです(笑)


――最後に、今後の展開など教えていただけますか
運営スタッフ
サービスがスタートしてから3ヶ月ほど経ちまして、春から新たな展開なども予定しております。サービス提供エリアやデリバリー対応時間の拡大、他にも様々な試みを開始したいと思っています。まずはデリバリースタッフの増員を積極的に行っていく予定ですので、興味がある方は是非お問い合わせください。


――ありがとうございました


LINE WOW デリバリースタッフ、絶賛募集中です!ご応募はこちらから
http://linecorp.com/ja/career/position/411

お問い合わせはこちらまで
recruit@linebros.com




LINE WOW に関連するリンクはこちらです

公式サイト
http://wow.line.me/

Twitter
LINE WOW(@LINEWOW_jp)

公式ブログ
LINE WOW BLOG


■LINE Bros.株式会社
「WOWな体験を、あなたに」というコンセプトの下、様々なレストランと共同で特別に開発した限定プレミアムランチを提供するフードデリバリーサービス「LINE WOW」を運営しています。

今後は更に、ユーザーの必要に応じ、即時に商品・サービスを提供する「オンデマンドEC」事業の展開を目指します。