昨年度に引き続き、サマーインターンシップを実施いたしました。今回は前回の記事でご紹介したBusinessコースに続き、Developerコースの様子をご紹介いたします。

biz_1

Developerコースは、ビジネスコースとは異なり1ヶ月間の就業型インターンシップとなっています。中でもLINEのエンジニアが学生ひとりにつき一人づつチューターとして開発をサポートするのが本インターンの特徴です。学生がどのように1ヶ月を過ごしたのか、どのような研究開発を行ったのかをご紹介いたします。

初日:開発テーマ設定


初日は、オリエンテーションを実施。社内施設の見学、1ヶ月間のインターンの準備を行います。今回は8名の学生の皆さんに参加してもらいましたが、初めて高校生を受け入れることになりました。昨年以上に幅広い年齢層、専門領域の学生が集まった年になりました。

image1

オリエンテーションの後はチューターの紹介です。チューターと顔合わせをした後に、開発テーマを話し合います。

image8

LINEのインターンでは、学生全員が同じテーマで開発するわけではありません。学生がやりたいことや得意分野を考慮して、チューターと一緒に個別に設定します。当日にすぐ決まる学生もいれば、2,3日試行錯誤した上で開発することを決めるケースもありました。"1ヶ月で終わらせる"というところがテーマ設定の難しいところだったようです。

2日目以降:開発


開発テーマが決まり、開発環境設定が終えれば開発スタート。学生の座席は、いつでも質問できるようチューターの隣においています。

image3

インターンシップ期間中は、チューターやチューター以外のエンジニアとランチをすることも多いです。LINEの開発の裏側や、どういった開発経験がある人たちが働いているかなど、普段聞くことができないLINEの中身を知る機会になったようです。
image7

image6

最終日:成果発表会


最終日では、社内のカフェで1ヶ月間の成果発表を行いました。多くの先輩社員が見学に訪れ、発表内容について質疑応答したりと昨年に引き続き、学生社員ともに有意義な時間となりました。
image9
image10
image11
image12
image13
4ba15b77
image15


成果発表内容


今回の成果発表会で利用した学生のスライドの中から、公開できるものをいくつかご紹介します。

1)LINEプラットフォーム開発部門の学生



2)LINE GAMEプラットフォーム開発部門の学生


3)LINE PAY開発部門の学生


参加者の声


すべての発表が終了した後は、 担当チューターから修了証を受けとります。
image16


最後は参加メンバー全員で記念撮影。
image17

今年のインターンシップでも、すべてのメンバーから「充実した1ヶ月間でした」という感想をもらいました。特にチューターのアドバイスや、LINEの開発環境に触れることができた経験は、何よりも有意義だったようです。


来年も"Summer Internship"を開催予定です。インターンの情報はこのHR Blogで発信していきますので、チェックしてくださいね。