カテゴリ/出版情報

弊社のDataLabsに所属している橋本泰一の書籍が出版されますのでお知らせいたします。

タイトル:データ分析のための機械学習入門 Pythonで動かし、理解できる、人工知能技術
出版社:SBクリエイティブ
発売日:2017/1/21




<著者より>

機械学習や人工知能に関連した技術は、最先端研究をはじめ、多くのIT企業で注目の的です。もちろん、LINEでもそれらの技術を活用したサービス開発に取り組んでいます。

機械学習は、非常に応用領域の広い技術です。そのため、いまからエンジニアを目指す人には、ぜひとも理解してほしい技術だと思っています。しかし、機械学習はまだまだ未成熟な技術領域で、実際にサービス開発する上では一から実装することもよくあります。しっかりと機械学習の理論を理解し、ライブラリに頼ることなく適材適所に機械学習の技術を実装できるエンジニアが今の重要な人材です。

この本では、エンジニアを目指す初心者向けに、機械学習の理論と実例を学べるブートキャンプ仕様になっています。内容は、Hadoop関連、リアルタイム集計(Fluentd、Norikra)、機械学習(NaiveBayes、Perceptron、オンライン学習、SVM、回帰、クラスタリング、ロジスティック回帰、ニューラルネットワーク、CNN)とデータ分析から機械学習までの基礎になります。面接などのホワイトボードプログラミングで簡単な機械学習がすらすらと書けるような、たくましいエンジニアがたくさん育ってほしいと思います。できれば、LINEで活躍してくれることを祈りつつ...

弊社のITサービスセンターに所属している佐野裕の書籍が出版されますのでお知らせいたします。

タイトル:インフラエンジニアの教科書2 スキルアップに効く技術と知識
出版社:シーアンドアール研究所
発売日:2016/8/26




<概要>
「日々インフラエンジニアとして頑張っているけど、自分にはどうも何かが足りない気がする」と思ったことがあるかもしれません。OJT(On the Job Training)による実地訓練を通してインフラエンジニアとしての経験を積んでいるうちにさまざまなことができるようになったとしても、インフラエンジニアに必要な基本的な知識をしっかり押さえないまま経験だけが増えていくと、一応いろいろなことができるようになったけれども、詳しく知らないし、他の人に説明できない、といったことが増えてくるようになります。

本書では、主に実務経験を数年積んだインフラエンジニアを対象に、OJTや日常業務からでは身に付けにくいインフラエンジニアの必須知識をわかりやすく解説しています。
Amazon 商品ページより

著者より

「前作インフラエンジニアの教科書が思いの他ご好評いただき、この度第2弾を出させていただくことになりました。
インフラエンジニアは様々なIT技術に精通している必要がありますが、いたずらに最新技術を追っていてもしっかりとした基礎がないと深いところまで理解できないといった状況に陥ります。そこで本書ではインフラエンジニアの観点でコンピュータの仕組みや各種開発言語の扱い方、SSL証明書の仕組みやよく知られたセキュリティ攻撃の知識、RFCの読み方、そして当社ならではの世界規模のインターネットサービス運営といった内容などについても盛り込むことで、深みのあるインフラエンジニアに早く近づくお手伝いができる内容になったのではないかと思います。

想定読者層は前作「インフラエンジニアの教科書」を読み終えた初級エンジニアとなります。ただ内容自体はコンピュータ全般に渡っているため、インフラエンジニアだけでなく開発者の方にも役立てていただけるのではないかと思います。」

昨年8月に発売された、LINE開発ノウハウ大公開 (WEB+DB PRESS Vol.88)の内容が収載された技術書籍が「Webサービス開発徹底攻略 Vol.2」というタイトルで出版されますのでお知らせいたします。

LINEのコアアーキテクチャを紙面という形で広くご紹介しているので、気になるテーマがありましたらぜひお手にとっていただければ幸いです。

タイトル:Webサービス開発徹底攻略 Vol.2 (WEB+DB PRESS plus)
出版社:技術評論社
発売日:2016/2/16

-----------------------------------------------------------------------
<特集概要>
―― 1日100億メッセージをさばくサービスの裏側
メッセンジャーアプリであるLINEの月間アクティブユーザ数は約2億500万人に達しており、1日に送受信されるメッセージは100億件以上です。本特集では、LINEという大規模なサービスがどのように実装されているのかをさまざまな切り口から紹介し、そこで行われている工夫や、大規模サービスを開発してきた経験から得られた知見を解説していきます。
Amazon 商品ページより



掲載いたしました内容は、2015年4月に開催されたLINE主催のエンジニア向けイベント LINE DEVELOPER DAY_2015 Tokyo にてお話した内容をベースにしております。
ldd
イベント公式サイトでは、トーク動画とスライドを公開しております。今回の書籍で触れた内容以外にもLINEのエンジニアリングについてご紹介しておりますので是非こちらもご覧ください。

公式サイトはこちら
LINE DEVELOPER DAY_2015 Tokyo

「LINE開発ノウハウ大公開」と題しまして、LINEのエンジニアリングの詳細をエンジニアが自らが解説する記事を執筆させていただいた書籍が出版されます。LINEのコアアーキテクチャをこのように紙面の形で広くご紹介するのは初となりますので、気になるテーマがありましたらぜひお手にとっていただければ幸いです。

執筆したエンジニアは「売れてくれっ!」と祈念しておりました。是非宜しくお願いいたします。


タイトル:LINE開発ノウハウ大公開 (WEB+DB PRESS Vol.88)
出版社:技術評論社
発売日:2015/8/22

-----------------------------------------------------------------------
<特集概要>
LINE開発ノウハウ大公開 ―― 1日100億メッセージをさばくサービスの裏側
メッセンジャーアプリであるLINEの月間アクティブユーザ数は約2億500万人に達しており、1日に送受信されるメッセージは100億件以上です。本特集では、LINEという大規模なサービスがどのように実装されているのかをさまざまな切り口から紹介し、そこで行われている工夫や、大規模サービスを開発してきた経験から得られた知見を解説していきます。
Amazon 商品ページより





掲載いたしました内容は、4月に開催されたLINE主催のエンジニア向けイベント LINE DEVELOPER DAY_2015 Tokyo にてお話した内容をベースにしております。イベント公式サイトでは、トーク動画とスライドを公開しております。今回の書籍で触れた内容以外にもLINEのエンジニアリングについてご紹介しておりますので是非こちらもご覧ください。

ldd


弊社のITサービスセンターに所属している佐野裕の書籍が出版されました。

タイトル:インフラエンジニアの教科書
出版社:シーアンドアール研究所
発売日:2013/10/26

インフラエンジニアの教科書
佐野 裕
シーアンドアール研究所
2013-10-26



<概要>
本書では、膨大なユーザーを抱えるアプリのインフラの管理・運用に携わっている著者が、インフラエンジニアとはどういう仕事なのか、どういう知識やスキルが求められるか、インフラエンジニアになるにはどうすればいいかなどを、わかりやすく解説しています。インフラエンジニアの世界に興味のある非エンジニアにも、現役インフラエンジニアにも参考になる1冊です。
Amazon 商品ページより

著者より一言
「本書は、新入社員が入ってきたら是非知っておいてほしいことを1冊にまとめた本です。インフラエンジニアの業務がまとまって書かれている本というのは世の中あまり存在しないようで、もしインターネットサービスを支えている根幹がどのようになっているかご興味のある方は一度手にとってご覧いただければと思います。」

弊社の開発3センターに所属しているエンジニア達が著者として参加している書籍が出版されます。

タイトル:Perl徹底攻略 (WEB+DB PRESS plus)
出版社:技術評論社
発売日:2013/7/23

Perl徹底攻略 (WEB+DB PRESS plus)
Perl徹底攻略 (WEB+DB PRESS plus) [大型本]



<概要>
WEB+DB PRESS plus徹底攻略シリーズでは、Webアプリケーション開発のためのプログラミング技術情報誌『WEB+DB PRESS』の掲載記事をテーマ別に厳選し、再編集してお届けします。
『Perl徹底攻略』では、本誌で人気のリレー連載「Perl Hackers Hub」の過去記事を中心に、Perlの基礎からモダンなPerl開発までを名だたるPerlハッカー達が解説していくほか、小飼弾さんによるインタビュー記事や、伊藤直也さん、大沢和宏(Yappo)さんによる書き下ろしなど、内容満載でお届けします。
Amazon 商品ページより

著者より一言
「LINE関連サービスを支える技術が惜しみなく網羅されてるので、ぜひこの書籍を手にエントリーしてください!」

弊社の開発1センターに所属している田中 洋一郎(@yoichiro)が著者として参加している書籍が出版されます。

タイトル:開発者のためのChromeガイドブック
出版社:インプレスジャパン
発売日:2013/7/5

開発者のためのChromeガイドブック
開発者のためのChromeガイドブック [単行本(ソフトカバー)]


<概要>
Googleの考えるウェブの未来、それは「ウェブはアプリケーションプラットフォームである」ということです。
Chromeブラウザにはウェブアプリケーションで従来の制約にとらわれない機能を実現するためのAPIが数多く用意されています。
加えて、Chromeウェブストアでは開発者がウェブアプリケーションを公開・配布できます。
また、Chromeのデベロッパーツールを利用すればこれらの開発/デバッグ環境として使用することさえ可能です。
本書はそのすべてを解説する史上初の書籍です!
Amazon 商品ページより

著者より一言
「日頃Chromeを使っている開発者は必読です。ぜひ手に取ってみてください!」