カテゴリ/協賛情報

LINE株式会社ではエンジニアのため、様々な活動を支援しております。そのうちの1つをご紹介させていただきます。

52123_normal_1474019378_pmconfjp_facebook_banner

Japan Product Manager Conferenceについて。
日本におけるプロダクトマネージメントに関わる人やそれを目指す人が集う機会を設けるため、この度、日本初のプロダクトマネージャーカンファレンスを開催する運びとなりました。

プロダクトマネージャーという職種の認知を高め、プロダクトマネージメント業務に携わる人々が情報や意見を交換することで共に学ぶ場を持つことが、創造性や先進性に富んだものづくりを行うには重要です。そのきっかけになるべく、今回のプロダクトマネージャーカンファレンスが企画されました。

▼公式サイト
http://pmconf.jp/

<開催期間> 2016年10月24日〜25日
<開催場所>
株式会社サイバーエージェント
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目12番1号
渋谷マークシティ ウエスト13階 セミナールーム
<主催>プロダクトマネージャーカンファレンス実行委員会

詳しい詳細、お申し込みについては以下をご確認ください。
http://pmconf.jp/

LINE株式会社ではエンジニアのため、様々な活動を支援しております。そのうちの1つをご紹介させていただきます。

53ee1afd4d8895c724b1ba63ef638ccd

国際計算言語学会議(COLING)は、50年の歴史を持つ、国内外トップレベルの研究者や優秀な若い研究者が一堂に会する自然言語に関する世界最高峰の会議です。毎回、700名以上が参加をしています。、LINE株式会社も協賛企業として支援させていただいております。

▼公式サイト
http://coling2016.anlp.jp/

<開催期間> 2016年12月11日〜16日
<開催場所> 大阪国際会議場
<主催>International Committee on Computaional Linguistics(ICCL)、一般社団法人言語処理学会

詳しい詳細、お申し込みについては以下をご確認ください。
http://coling2016.anlp.jp/invitation.html

LINE株式会社ではエンジニアのため、様々な活動を支援しております。そのうちの1つをご紹介させていただきます。


世界トップクラスのセキュリティ専門家による日本発の情報セキュリティ国際会議 CODE BLUE 2016に、LINE株式会社も協賛企業として支援させていただいております。

▼公式サイト
CODE BLUE

<開催期間> 2016年10月20日〜21日
<開催場所> ベルサール新宿グランド

チケット情報はこちらから
CODE BLUE 2016 - International Security Conference - | Peatix


【CODE BLUE 2016について】
CODE BLUEとは、世界トップクラスの情報セキュリティ専門家による最先端の講演と、国や言語の垣根を越えた情報交換・交流の機会を提供する国際会議です。

欧米の著名な研究者を招へいし、最新の成果を共有するとともに、日本をはじめとするアジア各国の優れた研究者を発掘し、その研究成果を世界へと発信していきます。
医療の世界で使われるCODE BLUEという言葉は、「緊急事態発生」や「関係者招集」を意味します。インターネットの世界においても、IoT(Internet of Things)の時代を迎えるなど、セキュリティ対策の重要性が高まっており、世界各国の研究者を招集し、事態への対処や解決策を共に考える場が必要とされています。

CODE BLUEは国際的なコミュティ形成の場となることを目的にするとともに、CODE(技術)によってBLUE(海)を超えて人と人をつなぎ、よりよいインターネットの世界作りに貢献していきます。

<公式サイトより>

LINE株式会社ではエンジニアのため、様々な活動を支援しております。そのうちの1つをご紹介させていただきます。

promcon
次世代モニタリングツールPrometheusのカンファレンスを、LINE株式会社も協賛企業として支援させていただいております。

▼公式サイト
PromCon

<開催期間> 2016年8月25日〜26日
<開催場所> ドイツ ベルリン Googleオフィス

チケットは完売しております、詳しくは公式サイトをご覧ください。


【Prom Conについて】
PromCon aims to connect Prometheus users and developers from around the world in order to exchange knowledge, best practices, and experience gained around using Prometheus. We also want to collaborate to build a community and grow professional connections around systems and service monitoring.

<公式サイトより>

LINE株式会社ではエンジニアのため、様々な活動を支援しております。そのうちの1つをご紹介させていただきます。

iosdc

iOSとその周辺技術に関するエンジニアのためのカンファレンスであるiOSDC (iOS Developers Conference Japan)に、LINE株式会社も協賛企業として支援させていただいております。

▼公式サイト
iOSDC 2016

<開催期間> 2016年8月20日(土)10:00〜
<開催場所> 練馬区立区民・産業プラザ Coconeriホール

チケットは完売しております、詳しくは公式サイトをご覧ください。


【iOSDC 2016 について】
iOSDC (iOS Developers Conference Japan) は、iOSとその周辺技術に関するエンジニアのためのカンファレンスです。日本中、世界中から公募されたスピーカーがキレッキレのトークを繰り広げます。トークは「iOSエンジニアが聞いて面白ければ何でもOK」という基準で選定されます。iOSやSwiftといった王道テーマから、エモい話、デザインの話などもあるかもしれません。

<公式サイトより>

LINE株式会社では未来のエンジニアのため、様々な活動を支援しております。そのうちの1つをご紹介させていただきます。

cropped-icpc_banner

ACM 国際大学対抗プログラミングコンテスト(ACM-ICPC)は、プログラミングを用いた問題解決能力やチームワークを競う世界的規模のコンテストです。LINE株式会社も協賛企業として支援させていただいております。


<概要>
ACM-ICPC は、コンピュータ科学の国際学会であるACMが開催する学生向けプログラミング・コンテストです。大学生(一定の年齢の大学院生や高等専門学校生を含む)が3名1組のチームを作り、プログラミング能力、問題解決能力、そしてチームワークで、世界一を目指す場です。
ACM-ICPC 2016 Asia Tsukuba Regional | 国際大学対抗プログラミングコンテスト2016アジア地区つくば大会

LINE株式会社ではエンジニアのため、様々な活動を支援しております。そのうちの1つをご紹介させていただきます。

spajam

ネクストクリエイターを想定してスキルを向上するための競技と交流の場を提供する大会に、LINE株式会社も協賛企業として支援させていただいております。

▼公式サイト
http://spajam.jp/

【スマートフォンアプリジャム2016について】
「温泉でハッカソン」を合言葉に、これからのモバイルコンテンツ業界にイノベーションを起こすことが期待されるネクストクリエイターを想定して、スキルを向上するための競技(ハッカソン形式)と交流の場を提供する大会です。

全国6地域9会場で開催する予選において、最優秀賞を受賞した各1チーム、優秀賞を受賞したチームの中から実行委員会によって選出される最大2チーム、学生枠として予選に出場した全ての学生チームから実行委員会によって選出される1チーム、合計12チームが本選に出場することができます。

本選は名称のとおりSPA(温泉地)において2泊3日で開催します。チームでのガチンコ勝負だけでなく主催者企画の楽しいイベントとオープニングパーティ、豪華露天風呂も楽しんでいただきます。最優秀賞のシリコンバレースペシャルツアーをはじめ、SPAJAMだけのお楽しみ賞品や各種豪華賞品も用意しております。
なお、本選ジャム期間中の宿泊、食事、イベント参加等の費用は、主催者が負担してご提供させていただきます。
<公式サイトより>

LINE株式会社ではエンジニアのため、様々な活動を支援しております。そのうちの1つをご紹介させていただきます。

ee30878f4f6c00d98c058f0f7b4f5e14

サイバー犯罪を担当する警察の方々とサイバーセキュリティに従事する民間や学術界の方々に議論の場となっている白浜シンポジウムに、LINE株式会社も協賛企業として支援させていただいております。

▼公式サイト
http://www.riis.or.jp/symposium20/

【第20回 サイバー犯罪に関する白浜シンポジウムについて】
通信インフラのブロードバンド化と無線化は急進展し、ユビキタス環境は理想から現実のものになりました。一方でサイバー犯罪は、マルウェアの爆発的な増加と高度化、標的型攻撃の巧妙化と深刻化、個人情報の大規模な漏えいの常態化、犯罪者たちの目的の悪質化、犯罪者像の多様化と低年齢化など、大きく状況を変化させてきました。

20周年記念となる今回は「サイバー犯罪 温故知新」という統一テーマとし、このシンポジウムを長年に渡って支えていただいた講師の方々を中心に、20年間に渡るサイバー犯罪対策の変遷を振り返りつつ、近い将来予測される課題について改めて予測を立て、対策を議論してみたいと思います。
<公式サイトより>

LINE株式会社ではエンジニアのため、様々な活動を支援しております。そのうちの1つをご紹介させていただきます。

今回は協賛のみではなく開発1センターでiOSエンジニアをしているInamiが登壇いたしますのであわせてご紹介いたします。登壇は 3月4日(金)16:30 - 16:55となっています。


7ab6213be374e124d23b9a790206711a

<概要>
try! Swiftは世界中のSwiftデベロッパーが一堂に会し、知識や技術を互いに共有し高め合うことを目的としたカンファレンスです。LINE株式会社はゴールドスポンサーとして協賛しております。

<公式サイト>
try! Swift

<開催期間>
2016年3月2日〜4日

<開催場所>
渋谷マークシティ

チケットは完売しております、詳しくは公式サイトをご覧ください。

【登壇者情報】
inamiyYasuhiro Inami
業務ではメッセンジャー、カメラ、ニュースといったアプリ開発に関わる一方、プライベートではReactKitやSwiftTaskといったオープンソースプロジェクトにコントリビュートしています。Apple、SwiftそしてHearthstoneの大ファンです。Battle.netやGitHub: https://github.com/inamiy で出会うことができます。

LINE株式会社ではエンジニアのため、様々な活動を支援しております。そのうちの1つをご紹介させていただきます。


13535_normal_1406089571_scala_matsuri_A
Scala Matsuri 2014は「Enjoy.scala」をテーマにした日本最大級の Scala のカンファレンスです。

<概要>
Scala に関する海外からのゲストスピーカーも招いた大規模な有料イベントです。 パラレルに 2 セッションで進行する予定で、一般募集のセッションや LT 大会も行われる予定です。

公式サイト
Enjoy.scala ! 日本最大級の Scala のカンファレンス - ScalaMatsuri

<開催期間>
2014年9月6日,7日

<開催場所>
グリー株式会社 セミナールーム


チケット情報はこちら(現在キャンセル待ち)
Scala Matsuri 2014 - Scala Matsuri 2014 | Doorkeeper