LINE HR公式ブログ

スタッフインタビューを含む記事

LINEでは価値基準「WOW=NO.1」を生み出すために、LINEらしいやり方、考え方を「LINE STYLE」(11項目)としてまとめています。 その具体的な実践方法を紹介していく連載企画「私のSTYLE」。第7回は、「GLOBAL WOW PROJECT AWARDS 2019」(※)で、BEST WOW(2位)に輝いたLI

LINEでは、グループで保有する巨大なデータの分析・活用を行うため、データに関する様々なプロジェクトや業務、部署が存在します。 今回はそういったデータ関連の取り組みについて、全社横断でデータ活用の仕組みを構築するData Labsでチームマネージャーを務める牟田、プロ

LINEでは、事業を加速し、新たな「WOW」を生み出しやすくするために、2019年2月から「カンパニー制」を導入しています。社内では先日、各カンパニーのリーダーたちが思い描くビジョンを紹介する、社内報企画「INNER VISIONS」を展開しました。今回は、その一部をみなさんに

LINEで生まれる新しいアイデアやサービスを支える部門・チームを紹介する「LINEのなかみ」。 今回は、2020年2月に新設され、LINEが公開するAPIを通じた新たな事業開発に取り組むプラットフォーム事業開発室をご紹介します。プラットフォーム事業開発室で働く3名に、組織のミ

LINEでは、事業を加速し、新たな「WOW」を生み出しやすくするために、2019年2月から「カンパニー制」を導入しています。 いま社内では、各カンパニーのリーダーたちが思い描くビジョンを紹介する、社内報 連載企画「INNER VISIONS」を展開中。今回は、その一部をみなさんに

LINEでは、事業を加速し、新たな「WOW」を生み出しやすくするために、2019年2月から「カンパニー制」を導入しています。 いま社内では、各カンパニーのリーダーたちが思い描くビジョンを紹介する、社内報 連載企画「INNER VISIONS」を展開中。今回は、その一部をみなさんに

LINEでは、事業を加速し、新たな「WOW」を生み出しやすくするために、2019年2月から「カンパニー制」を導入しています。 いま社内では、各カンパニーのリーダーたちが思い描くビジョンを紹介する、社内報 連載企画「INNER VISIONS」を展開中。今回は、その一部をみなさんに

LINEで生まれる新しいアイデアやサービスを支える部門・チームを紹介する「LINEのなかみ」。 今回は、LINEグループで扱う物品やサービスの調達・購買を通して各事業の成長を支える、購買室の仕事を室長の梅田進也に紹介してもらいました。単なるコストダウンだけでなく、QCD

LINEでは価値基準「WOW=NO.1」を生み出すために、LINEらしいやり方、考え方を「LINE STYLE」(11項目)としてまとめています。 その具体的な実践方法を紹介していく連載企画「私のSTYLE」。第6回は特別編として、「GLOBAL WOW PROJECT AWARDS 2019」(※)で、最高賞のWOW O

LINEで生まれる新しいアイデアやサービスを支える部門・チームを紹介する「LINEのなかみ」。 今回は、LINEの様々な事業をセキュリティ・プライバシーの領域から支える情報セキュリティ部門に、業務内容や体制、取り組み事例などについて紹介してもらいました。 写真左から

特にピンポイントでこんなスキルや経験、志向や思いを持った人にジョインしてほしい、という部署・ポジションについて紹介する「○○さんを募集中」シリーズ。 今回は、エンタメカンパニーの各事業でアライアンス業務を担当する3名に、それぞれの業務内容や求める人物像など

LINEでは、世界に向けて羽ばたくアスリートの活動を支援しており、6人のアスリート社員が在籍しています。 今回、車いすバスケットボールの北田千尋選手と、車いす陸上競技の木村勇聖選手に、イベント前に時間をもらってインタビューしました。競技の魅力や目標に近づくため