LINE HR公式ブログ

スタッフインタビューを含む記事

LINEの価値基準「WOW=NO.1」を生み出すために、社内のリーダーは「LINE STYLE」(LINEらしいやり方、考え方)をどう捉え、実践しているのでしょうか。 LINE STYLEの実践方法を紹介していく連載企画「私のSTYLE」の4回目は、LINEのゲーム事業を統括する奥井麻矢と、LINEスタ

先日、「LINE Data Labs(データ分析・機械学習)採用説明会」が開催されました。 Data Labsは、データ分析や機械学習の活用によって、LINEのすべてのサービスの価値向上を目指すデータ専門組織です。Machine Learningチーム(以下、MLチーム)とData Scienceチーム(以下、

LINEでは、チームビルディングや組織、個々人のスキルアップなどを目的とした、様々な形式のワークショップが行われています。その中で、今回はLINE企画室のマネージャーたちが行った「お仕事解体ワークショップ」をご紹介します。 まずは、「お仕事解体ワークショップ」を

LINEで生まれる新しいアイデアやサービスを支える部門・チームを紹介する「LINEのなかみ」。今回は、LINEの様々な事業のデータ活用を支えるデータアナリストの仕事を、3名のメンバーからその業務内容や体制などについて紹介してもらいました。 左からHRサービス事業部の吉

LINEで生まれる新しいアイデアやサービスを支える部門・チームを紹介する「LINEのなかみ」。今回は、デジタルマーケティングの領域からLINEの様々なサービスや事業の成長を支えるアドコンサルティング室について、働くメンバーから紹介してもらいました。 左から、プランニ

LINEでは、常に新しいアイデアやサービスが生まれています。様々なサービスをローンチし続け、たくさんのユーザーに楽しく安全に使ってもらうために、多くの部門がプロジェクトやサービスを支えています。 グローバルな組織・事業をもつLINEでは、言語をまたいだコミュニケ

LINEの価値基準「WOW=NO.1」を生み出すために、社内のリーダーは「LINE STYLE」(LINEらしいやり方、考え方)をどう捉え、実践しているのでしょうか。 LINE STYLEの実践方法を紹介していく連載企画「私のSTYLE」の3回目は、LINE公式アカウントなどの広告事業や開発者向けプ

特にピンポイントでこんなスキルや経験、志向や思いを持った人にジョインしてほしいという部署・ポジションについて紹介する”○○さんを募集中”シリーズ。 今回はLINE Financialの証券チームのUI/UXプランナーの小川と柳沼に、具体的なジョインしてほしい人物像を話しても

車いすバスケットボールの丸山弘毅選手が、2019年9月1日付で入社しました。LINEでは世界に向けて羽ばたくアスリートの活動を支援しており、丸山選手を含め、パラ陸上の山路竣哉選手、木村勇聖選手、緑川秀太選手、女子車いすバスケットボールの北田千尋選手、車いすラグビー

LINEでは、価値基準の「WOW=NO.1」を生み出すために、人事制度や組織作りの面でも様々な工夫をしています。 そこで今回は「LINEのしくみ」と題して、LINEを支える制度についても紹介してみたいと思います。まずは、2019年に導入が決まった「新株式報酬制度」(ストックオプ

LINEの中でも歴史が長く、既に大きなユーザー規模を持つようなサービス・事業にスポットを当て、いま担当者が感じている課題や今後の可能性、そのサービス・事業に携わることの面白さ、やりがいなどを聞いていく”Growth Story”。 今回は、国内ニュースポータルでユーザー

LINEでは常にサービスづくりのチャレンジが行われ、日々新たなプロダクトが生まれています。そこで“ゼロイチ”と題し、担当者たちにその概要やプロダクトを通じて実現したいこと、携わるメンバーなどについて話を聞いていきます。 今回は、スコアリングサービス「LINE Scor