LINE HR公式ブログ

スタッフインタビューを含む記事

LINEでは、価値基準の「WOW=NO.1」を生み出すために、人事制度や組織作りの面でも様々な工夫をしています。 そこで今回は「LINEのしくみ」と題して、LINEを支える制度についても紹介してみたいと思います。まずは、2019年に導入が決まった「新株式報酬制度」(ストックオプ

LINEの中でも歴史が長く、既に大きなユーザー規模を持つようなサービス・事業にスポットを当て、いま担当者が感じている課題や今後の可能性、そのサービス・事業に携わることの面白さ、やりがいなどを聞いていく”Growth Story”。 今回は、国内ニュースポータルでユーザー

LINEでは常にサービスづくりのチャレンジが行われ、日々新たなプロダクトが生まれています。そこで“ゼロイチ”と題し、担当者たちにその概要やプロダクトを通じて実現したいこと、携わるメンバーなどについて話を聞いていきます。 今回は、スコアリングサービス「LINE Scor

LINEでは、コミュニケーションアプリ「LINE」をはじめ様々なサービスや事業を展開しています。その中には、サービスとして長い歴史を持つものや、業界トップクラスの膨大なユーザー数を抱えるものも数多くあります。 そこで”Growth Story”と題し、歴史が長く既に大きなユ

LINEでは、各プロジェクトのメンバーが社内外で様々なイベントを開催しています。 今回はプロダクトマネージャー(PM)を務めるメンバーが、メルペイさんと一緒に開催した「御社はどうしてるんですか!?」LINE×メルペイ合同PM MEET UP! の模様をご紹介します。両社のPMが

LINEでは、様々な事業やサービスを展開するにあたり、「Build Lean and Exceptional Teams」(最高を目指す、少数精鋭のチーム)を掲げ、採用を強化しています。 その中でも、特にピンポイントでこういうスキルや経験、志向や思いを持った人にジョインしてほしいという部署

LINEでは、常に新しいアイデアやサービスが生まれています。様々なサービスをローンチし続け、多くのユーザーに楽しく安全に使ってもらうために、多くの部門がプロジェクト・サービスを支えています。 そこで「LINEのなかみ」と題して、LINEで働く様々なチームを紹介してい

「Build Lean and Exceptional Teams」(最高を目指す、少数精鋭のチーム)の追求に向けて、7月1日からLINEの採用活動が大きく変わります。 LINEグループ各社においてリファラル採用を強化「最高を目指す、少数精鋭のチーム」を追求 重点テーマは「全員が主役の採用」と「リ

6月27日に開催した事業戦略発表会「LINE CONFERENCE 2019」で、スコアリングサービス「LINE Score」を発表し、サービスを開始しました。 「スコアリング」という言葉、最近よく耳にするようになりましたが、一体どんなサービスなのでしょうか。企画チームのメンバーに「LINE

2019年夏のインターンシップでは、「サービス企画職 CWOチームコース」のほか各コースの参加者を募集しています。 今回は「CWOチーム」って何……? という方のために、CWOチームのミッションや具体的な仕事内容について、メンバーの池田真理、ルー・タク、渋谷祐輔に話を聞

「#弊社の○○はこんなふう」を知っていますか? LINEの採用公式アカウントなどでも採り上げられ、すでに目にした方も多いと思いますが、反響を受けて今回、改めて紹介したいと思います。 きっかけはLINER(LINE社員)が自発的に、LINEに興味を持つ学生たちに向けて、自

4月1日、慎ジュンホが代表取締役CWO(Chief WOW Officer)に就任しました。これで、LINEの代表取締役が、出澤剛(代表取締役社長CEO)との2人体制になりました。 「最高WOW責任者」という、一瞬冗談にも聞こえる役職の使命はなんなのか。なぜいま代表取締役を2人にしたのか