LINE HR公式ブログ

スタッフインタビューを含む記事

LINEの価値基準「WOW=NO.1」を生み出すために、社内のリーダーは「LINE STYLE」(LINEらしいやり方、考え方)をどう捉え、実践しているのでしょうか。 LINE STYLEの実践方法を紹介していく連載企画「私のSTYLE」の5回目は、社内IT部門の責任者で執行役員の片野秀人と、人

LINEでは、常に新しいアイデアやサービスが生まれています。様々なサービスをローンチし続け、大勢のユーザーに楽しく安心・安全に使ってもらうために、たくさんの部門がプロジェクトやサービスを支えています。 今回は、LINEグループで使用するツールの開発やサービス運用

LINEの中でも歴史が長く、既に大きなユーザー規模を持つようなサービス・事業にスポットを当て、いま担当者が感じている課題や今後の可能性、そのサービス・事業に携わることの面白さ、やりがいなどを聞いていく「Growth Story」。 今回は、国内最大級のアクティブな調査パ

LINEで生まれる新しいアイデアやサービスを支える部門・チームを紹介する「LINEのなかみ」。 今回は、LINEの様々な事業を監査の領域から支える内部監査室にいる3名のメンバーから、業務内容や体制などについて紹介してもらいました。 左から内部監査室の芳賀、傳田、高橋。

特にピンポイントでこんなスキルや経験、志向や思いを持った人にジョインしてほしいという部署・ポジションについて紹介する「〇〇さんを募集中」シリーズ。 今回は、スコアリングサービスLINE Scoreなどを運営するLINE Credit株式会社で、事業戦略や営業などを担当する小林

特にピンポイントでこんなスキルや経験、志向や思いを持った人にジョインしてほしい、という部署・ポジションについて紹介する「○○さんを募集中」シリーズ。 今回は、LINEヘルスケアの事業企画を担当する角山と池田に、具体的なジョインしてほしい人物像を話してもらいま

LINEでは、常に新しいアイデアやサービスが生まれています。様々なサービスをローンチし続け、たくさんのユーザーに楽しく安心・安全に使ってもらうために、多くの部門がプロジェクトやサービスを支えています。 今回は、LINEグループ全ての社員をIT・システム領域で支える

LINEの中でも歴史が長く、既に大きなユーザー規模を持つようなサービス・事業にスポットを当て、いま担当者が感じている課題や今後の可能性、そのサービス・事業に携わることの面白さ、やりがいなどを聞いていく「Growth Story」。 今回は、2014年から「新たな決済インフラ

LINE CONFERENCE 2019で、LINEが未来のデジタル社会の担い手を育成していく「プログラミング教育」への取り組みを発表しました。 今夏、そのサービスを教育関係者向けにリリースし、その後、一般ユーザーにも公開しました。それが無料プログラミング学習プラットフォーム「L

LINEの中でも歴史が長く、既に大きなユーザー規模を持つようなサービス・事業にスポットを当て、いま担当者が感じている課題や今後の可能性、そのサービス・事業に携わることの面白さ、やりがいなどを聞いていく「Growth Story」。 今回は、トーク占い、トークCARE(※リン

「CLOSING THE DISTANCE」をコーポレートミッションに掲げ、広告、コミュニケーション・コンテンツ、Fintech、コマース、AIなど様々な事業を展開するLINEですが、今までそれらの事業で働く人々を支える人事の実情はあまり外部には公開していませんでした。 そこで先日、LINE

LINEの価値基準「WOW=NO.1」を生み出すために、社内のリーダーは「LINE STYLE」(LINEらしいやり方、考え方)をどう捉え、実践しているのでしょうか。 LINE STYLEの実践方法を紹介していく連載企画「私のSTYLE」の4回目は、LINEのゲーム事業を統括する奥井麻矢と、LINEスタ