LINE HR公式ブログ

リーダーに聞くを含む記事

LINEでは、事業を加速し、新たな「WOW」を生み出しやすくするために、2019年2月から「カンパニー制」を導入しています。 いま社内では、各カンパニーのリーダーたちが思い描くビジョンを紹介する、社内報 連載企画「INNER VISIONS」を展開中。今回は、その一部をみなさんに

LINEでは、事業を加速し、新たな「WOW」を生み出しやすくするために、2019年2月から「カンパニー制」を導入しています。 いま社内では、各カンパニーのリーダーたちが思い描くビジョンを紹介する、社内報 連載企画「INNER VISIONS」を展開中。今回は、その一部をみなさんに

LINEでは価値基準「WOW=NO.1」を生み出すために、LINEらしいやり方、考え方を「LINE STYLE」(11項目)としてまとめています。 その具体的な実践方法を紹介していく連載企画「私のSTYLE」。第6回は特別編として、「GLOBAL WOW PROJECT AWARDS 2019」(※)で、最高賞のWOW O

LINEの価値基準「WOW=NO.1」を生み出すために、社内のリーダーは「LINE STYLE」(LINEらしいやり方、考え方)をどう捉え、実践しているのでしょうか。 LINE STYLEの実践方法を紹介していく連載企画「私のSTYLE」の5回目は、社内IT部門の責任者で執行役員の片野秀人と、人

LINEの価値基準「WOW=NO.1」を生み出すために、社内のリーダーは「LINE STYLE」(LINEらしいやり方、考え方)をどう捉え、実践しているのでしょうか。 LINE STYLEの実践方法を紹介していく連載企画「私のSTYLE」の4回目は、LINEのゲーム事業を統括する奥井麻矢と、LINEスタ

LINEの価値基準「WOW=NO.1」を生み出すために、社内のリーダーは「LINE STYLE」(LINEらしいやり方、考え方)をどう捉え、実践しているのでしょうか。 LINE STYLEの実践方法を紹介していく連載企画「私のSTYLE」の3回目は、LINE公式アカウントなどの広告事業や開発者向けプ

LINEの価値基準「WOW=NO.1」を生み出すために、リーダーたちは何を考え、行動しているのでしょうか。 LINEらしいやり方、考え方をまとめた「LINE STYLE」(11項目)を紐解きながら、各部門のリーダーたちのワークスタイルに迫る「私のSTYLE」。2回目は、広告ビジネスを担当

LINEの価値基準「WOW=NO.1」を生み出すために、リーダーたちは何を考え、行動しているのでしょうか。 LINEらしいやり方、考え方をまとめた「LINE STYLE」(11項目)を紐解きながら、各部門のリーダーたちのワークスタイルに迫る連載企画「私のSTYLE」をスタートします。 1

LINE株式会社にあらたに5人の執行役員が加わりました。今回はその中の一人、ビジネスプラットフォーム事業室の室長・杉本謙一が、いまどんなことを考えているのか、話を聞きました。 ※写真は2016/3/24に開催したLINE CONFERENCE TOKYO 2016での登壇時 LINEを企業と個人の

LINE株式会社にあらたに5人の執行役員が加わりました。今回はその中の一人、当社最年少役員(33歳:1982年生まれ)となったLINE企画室の稲垣あゆみがいまどんなことを考えているのか、話を聞きました。 「LINE」メッセンジャーの企画者として、サービスを立ち上げた経緯から