カテゴリ/アスリート情報

LINE株式会社では、世界に向けて挑戦する4人の障がい者アスリートを支援しています。今回はその社員アスリートの活躍ぶりをご紹介します!

パラバドミントンの藤原大輔選手、車いすバスケットボールの北田千尋選手がメダルを獲得。車いす陸上の金涌貴子選手は、日本のみならず、アジアでの新記録を叩き出しました!

7月1日に入社したウィルチェアー(車いす)ラグビーの菅野元揮選手は、日本選手権の予選突破を決めました。

●車いす陸上・金涌貴子


第21回関東パラ陸上競技選手権大会(7月2日、3日)の車いす陸上(T34クラス)女子800mに出場し、2分37秒86でゴール。アジア新記録を樹立しました。

▼大会の結果はこちら
http://jaafd.org/pdf/01-2/01-2_ipc21th_results_20160702-3.pdf

金涌
スタート直前の金涌選手

金涌
力強いストロークでトラックを駆け抜ける金涌選手

S__1695785
アジア新記録の記録証


▼金涌選手からのLINEメッセージ
kanawaku

▼今後の予定
  • 9月、全国車いすマラソン大会篠山
  • 10月20日~25日、全国障害者スポーツ大会2016 希望郷いわて大会/800m

●パラバドミントン・藤原大輔


アイルランド大会(6/22~28)に出場し、シングルスで銅メダルを獲得しました!

▼結果
  • シングルス3位(銅メダル獲得)
  • ダブルス5位
  • ミックスダブルス予選敗退

藤原
銅メダルを掲げて笑顔を見せる藤原選手

藤原
日本の国旗を掲げてポーズ


▼藤原選手からのLINEメッセージ
fujiwara

▼今後の予定
  • 8月1日~9日、インドネシア大会
  • 11月22日~28日、アジア選手権(中国)
  • 12月5日~13日、コロンビア大会

●車いすバスケットボール・北田千尋


NWBL Ground Final(男子のオーストラリア選手権)に出場し、準優勝しました!

北田
屈強な男子選手にまじり、銀メダルをかけてポーズする北田選手(前から2列目左)。写真提供=Be Active Western Stars


▼北田選手からのLINEメッセージ
kita

▼今後の予定
  • 8月12日~14日、WNWBL Final Round

●ウィルチェアーラグビー・菅野元揮


菅野選手が所属するBLITZ(埼玉)は、7月30日、31日に行われたウィルチェアーラグビー日本選手権の予選に出場し、2勝1敗の2位で予選突破を決めました。

AF5V1888
7月31日、Okinawa Hurricanes戦に臨んだ菅野選手

AF5V1910
Okinawa Hurricanes戦でパスコースを探る菅野選手


▼菅野選手からのLINEメッセージ
sugano


▼今後の予定

また今後も、高い目標に向かってチャレンジし続ける社員アスリートの活躍をお知らせしていきます。

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催をきっかけに、障がい者スポーツへの関心が高まっています。LINEでは、世界に向けて挑戦する3人のトップアスリートを支援することになりました。4月1日の入社式に出席した3人に、LINEへの入社を決めたキッカケや競技の魅力について話を聞きました。

アスリート1
LINEに入社した、写真左から、金涌(かなわく)貴子選手/陸上競技(車椅子)、藤原大輔選手/パラバドミントン、北田千尋選手/車椅子バスケットボール

――みなさんの自己紹介とLINEに入社したきっかけを教えてください。
藤原:僕は生まれてすぐに病院内で感染症にかかり、左足を切断しました。義足を装着していますが、健常者と同じように生活しています。姉の影響でバドミントンを始めたのは小学生のころです。ずっと健常者の部活動に所属していて、高校時代はインターハイ直前まで進みました。高校2年生のときにパラバドミントンがあることを初めて知り、日本選手権に出場したところ優勝しました。翌年、挑戦した世界選手権では3位の成績をおさめることができました。
続きを読む