LINE HR公式ブログ

アスリート情報を含む記事

LINEに所属するアスリート社員に、目標へのアプローチの方法や周囲の人たちとの関わり方について伺うこの企画。今回は、東京パラリンピックに照準を定めながら活動する車いすラグビーの菅野元揮選手に密着です。今、アスリートとして何を思い、どんな未来を見据えているのか

車いすバスケットボールの丸山弘毅選手が、2019年9月1日付で入社しました。LINEでは世界に向けて羽ばたくアスリートの活動を支援しており、丸山選手を含め、パラ陸上の山路竣哉選手、木村勇聖選手、緑川秀太選手、女子車いすバスケットボールの北田千尋選手、車いすラグビー

LINEでは、世界に向けて挑戦するアスリートを支援しています。 2019年はパラ陸上競技の公式ユニフォームがリニューアル! すでに国内外の大会でお披露目されています。 LINEらしい緑色のユニフォームを着用して、競技に臨む選手たち。実はこのユニフォームは選手が自ら企画

インドネシア・ジャカルタで10月6日~10月13日に開催された「インドネシア2018アジアパラ競技大会」。 LINE社員の北田千尋選手、山路竣哉選手、金涌貴子選手、藤原大輔選手が日本代表として出場し、各競技で活躍しました。 出社した選手たちに、どんな気持ちで臨んだ大会だ

LINEには、世界に向けて挑戦し続ける5人の社員アスリートがいます。 今回は「アスリートの力」と題して、パラスポーツの第一線で活躍する社員アスリートに、目標に近づくための方法や考え方、周囲を巻き込むコミュニケーションの秘けつなどを聞きました。 初回は、パラバド

LINEでは、世界に向けて挑戦するアスリートの支援をしています。 現在、社員アスリートとして5名が在籍しています。 ・車いすラグビー 菅野元揮 ・パラバドミントン 藤原大輔 ・車いすバスケットボール 北田千尋 ・車いす陸上 金涌貴子 ・パラ陸上 山路竣哉  2020年

LINEでは、世界に向けて挑戦するアスリートの支援をしています。 現在、社員アスリートとして5名が在籍しています。 ・車いすラグビー 菅野元揮 ・パラバドミントン 藤原大輔 ・車いすバスケットボール 北田千尋 ・車いす陸上 金涌貴子 ・パラ陸上 山路竣哉 (今年度

LINE株式会社では、世界に向けて挑戦する4人の障がい者アスリートを支援しています。今回はその社員アスリートの活躍ぶりをご紹介します! パラバドミントンの藤原大輔選手、車いすバスケットボールの北田千尋選手がメダルを獲得。車いす陸上の金涌貴子選手は、日本のみなら

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催をきっかけに、障がい者スポーツへの関心が高まっています。LINEでは、世界に向けて挑戦する3人のトップアスリートを支援することになりました。4月1日の入社式に出席した3人に、LINEへの入社を決めたキッカケや競技の魅力につ